メインメニューを開く

横瀬川(よこぜがわ)とは、埼玉県秩父地方を流れる荒川水系の河川である。

横瀬川
横瀬川・荒川.jpg
横瀬川(奥)と荒川(手前)の合流地点。橋は秩父鉄道横瀬川橋梁。埼玉県秩父市にて。
水系 荒川
種別 --
延長 20.5[1] km
平均の流量 0.23 - 5.30 1.11/0.52 m³/s
流域面積 74.8[1] km²
河口・合流先 荒川秩父市
流域 埼玉県
テンプレートを表示

目次

地理編集

埼玉県秩父郡横瀬町飯能市の二子山・武川岳付近に源を発し、横瀬町、秩父市、を流れ、その間に六番沢、関ノ入谷、大棚川などを合わせ秩父市黒谷附近の和銅大橋近辺で荒川に合流する。

水質pHがおよそ7.5 - 9.5と比較的高いが、原因として、主に流域が石灰岩層の地質である他、夏季における藻類発生による一次生産の影響も考えられている。

支流編集

  • 牛喰谷
  • 小島沢川
  • 六番沢
  • 関ノ入谷
  • 生川
  • 増沢川
  • 大棚川
  • 定峰川

ほか

橋梁編集

流域の観光地編集

脚注編集

  1. ^ a b 『荒川 自然』26頁。

参考文献編集

  • 埼玉県『荒川 自然』(荒川総合調査報告書1)、1987年3月25日。