横田 郷助(よこた ごうすけ、1880年明治13年)9月23日[1] - 1931年昭和6年)10月11日[2])は、内務官僚南洋庁長官

横田 郷助
よこた ごうすけ
Gosuke Yokota.jpg

在任期間 1918年 - 1920年

在任期間 1923年 - 1931年

基本情報
生年月日 1880年9月23日
出生地 日本の旗 日本 山口県吉敷郡山口町(現・山口市)
没年月日 (1931-10-11) 1931年10月11日(51歳没)
出身校 東京帝国大学法科大学
前職 樺太民政署事務官
徳島県事務官
群馬県事務官
同県内務部長
テンプレートを表示

経歴編集

山口県吉敷郡山口町(現在の山口市[1]に横田稲稔の長男として生まれる[3]旧制山口高等学校卒業を経て、1904年(明治37年)7月、東京帝国大学法科大学を卒業し、神奈川県属に任じられた[1]。同年11月に高等文官試験に合格し、翌年から樺太民政署事務官を務めた[1]1909年(明治41年)に徳島県事務官となり、群馬県事務官を経て、1912年大正元年)に群馬県内務部長に就任した[1]1915年(大正4年)からは三重県内務部長となり[1]1918年(大正7年)には賞勲局書記官に転じた[4]

1923年4月、南洋庁長官に任命され[1]、死去するまで在任した。

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 故南洋庁長官横田郷助叙勲ノ件
  2. ^ 官報』第1445号、昭和6年10月22日
  3. ^ 『一九二四年に於ける大日本人物史』よ之部p.2
  4. ^ 『官報』第1842号、大正7年9月21日

参考文献編集

  • 東京朝日通信社編『御成婚紀念復興之魁 一九二四年に於ける大日本人物史』東京朝日通信社、1924年。