メインメニューを開く

橋井真

橋井 真(はしい まこと、1902年3月18日 - 1977年11月11日)は、日本商工官僚

来歴・人物編集

海軍中将であった川島令次郎の三男として生まれる。

東京府立一中一高を経て、昭和2年3月、東京帝国大学法学部政治学科卒。4月に商工省に勤務、11月高等試験行政科に合格した。

昭和10年5月、内閣調査局調査官となり、以後、調査局→企画庁→企画院と、企画院のその改変・拡大時に植村甲午郎黒田鴻伍のもとで勤務、いわば「革新官僚」、あるいは「経済新体制」組の一人である。昭和12年12月には、商工省に戻り、機械局一般機械課長・総務課長などを経て、昭和16年1月には総務局に移動、5月、中華民国の経済顧問就任。以後、軍需省秘書課長兼内閣総理大臣秘書官、機械局長。終戦後は、商工省参事官(経済連絡部長)、内閣官房内閣審議室、経済安定本部第1本部長を経て、退官。東京計器製作所会長・社長、日本銀行政策委員会委員(昭和49 - 52年)。

参考文献編集

  • 戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』東京大学出版会、1981年。