メインメニューを開く

橋屋橋(はしやばし)は、福島県耶麻郡西会津町にある道路橋である。

橋屋橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 福島県耶麻郡西会津町
交差物件 阿賀川
用途 道路橋
路線名 西会津町道野沢柴崎線
施工者 協三工業・川田工業
竣工 2018年4月24日
座標 北緯37度35分53.4秒 東経139度38分5.9秒 / 北緯37.598167度 東経139.634972度 / 37.598167; 139.634972座標: 北緯37度35分53.4秒 東経139度38分5.9秒 / 北緯37.598167度 東経139.634972度 / 37.598167; 139.634972
構造諸元
形式 2径間鋼連続箱桁橋
全長 185.0m
8.5m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

概要編集

西会津町中心部北側を流れる一級河川阿賀川を渡り、西会津町道野沢柴崎線を通す。南詰は西会津町野沢、北詰は西会津町新郷大字三河に位置する。現在の橋は2018年に架けられた全長185 mの箱桁橋であり、橋上は上下対向2車線で供用され、歩道が片側に設置されている。旧橋梁の幅員が狭隘で、自動車のすれ違いが不可能で歩車分離も為されていなかったこと、当町道が県道を介して中心部の野沢地区と北部の新郷地区、奥川地区を結ぶ西会津縦貫道路として西会津町により重点的に整備されている重要な路線であることから架替えが行われた。ニューマチックケーソン桁を用いた長大橋であることから福島県喜多方建設事務所による代行工事で建設された[1]

諸元編集

沿革編集

  • 1958年 - 初代の橋梁が竣工。全長150m、幅員1.5mの吊橋であった。
  • 1973年 - 2代目の橋梁が竣工。
1972年より始まった県営尾野本地区農地開発事業の幹線道路として建設が行われた。総事業費は1億3700万円。
  • 2012年度…3代目の橋梁の詳細設計が行われ、翌年度に工事着手。2018年4月24日に開通式が行われた[3]

周辺編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 支援機構だより (PDF) - ふくしま市町村支援機構
  2. ^ 橋屋橋 - 日本橋梁建設協会橋梁年鑑データベース。2018年7月9日閲覧。
  3. ^ 町からのお知らせ&ニュース (PDF) - 西会津町