橋戸村(はしどむら)は、かつて埼玉県新座郡に存在した。1889年(明治22年)、町村制施行に際して廃された。その後旧村域は東京府に編入されている。

2013年現在の東京都練馬区大泉町に相当する。

歴史編集

新編武蔵風土記稿』の記述では、武蔵国新座郡野方領、新倉郷廣澤庄に属し江戸より4里半[1]

略年表編集

  • 小榑村と橋戸村の2箇村が合併し埼玉県新座郡榑橋村(くれはしむら)となり、橋戸村は消滅する。

寺院・神社編集

  • 氷川神社 - 大泉町5-15-5
  • 教学院 - 大泉町6-24

脚注編集

[ヘルプ]

参考文献編集

  • 『新編武蔵風土記稿』巻ノ134新座郡ノ6.橋戸村、内務省地理局、1884年6月。NDLJP:763996/77