橋 秀文(はし ひでぶみ、1954年12月 - )は、日本の美術史美術批評家早稲田大学大学院文学研究科博士課程を経て、神奈川県立近代美術館企画課長兼普及課長。

人物編集

神戸市生まれ。神奈川県立港北高等学校立命館大学卒業後、早稲田大学大学院文学研究科博士課程(美術史専攻)でドラクロワジェリコー等を研究。1984年より、神奈川県立近代美術館に勤務。同館専門学芸員として「浜田知明一彫刻による諷刺」(神奈川県立近代美術館別館、2000年)、「佐伯祐三佐野繁次郎展 パリのエスプリ」(神奈川県立近代美術館葉山、2007年)、「版画と彫刻による哀しみとユーモア 浜田知明の世界展」(神奈川県立近代美術館葉山、2010年)他の展覧会を担当[1]。また同館および他美術館の企画や東海大学、早稲田大学での講座で講師を務める。2008年の「美連協カタログ論文賞」にて「アート・ディレクター北原白秋」が優秀論文賞(美連協展部門)を受賞[2]

共編・監修編集

受賞編集

  • 美連協カタログ論文賞2008年「優秀論文賞(美連協展部門)」
論文名:「アート・ディレクター北原白秋」(『誌上のユートピア近代日本の絵画と美術雑誌1889-1915』掲載)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 野見山暁治窪島誠一郎、橋 秀文『「戦争」が生んだ絵、奪った絵 (とんぼの本)』新潮社、2010年。ISBN 978-4106022135
  2. ^ “美連協カタログ論文賞受賞者紹介”. 読売新聞. http://event.yomiuri.co.jp/jaam/catalog2008.cfm 2013年6月7日閲覧。 

外部リンク編集