酒井 忠康(さかい ただやす、1941年7月16日 - )は、日本美術評論家世田谷美術館館長。多摩美術大学美術学部芸術学科客員教授。

来歴編集

北海道余市郡余市町出身。

北海道余市高等学校を経て、慶應義塾大学に入学。1964年慶應義塾大学文学部美学美術史科卒。大学卒業と同じ年より神奈川県立近代美術館学芸員になる。[1]

1979年小林清親を論じた『開化の浮世絵師 清親』で第1回サントリー学芸賞受賞。その後学芸課長、副館長を経て、1992年館長。2004年より世田谷美術館館長。近代美術の研究、現代美術の評論活動を行う。2003年の『海にかえる魚』では、小説に挑んだ。

著作編集

  • 『海の鎖 描かれた維新』小沢書店 1977/青幻舎, 2004
  • 『開化の浮世絵師清親』せりか書房 1978/平凡社ライブラリー, 2008
    • 改題『時の橋 小林清親私考』小沢書店, 1987
  • 『野の扉 描かれた辺境』小沢書店, 1980
  • 『人間のいる絵との対話 ヨーロッパの画家たち』有斐閣 1981
  • 『彫刻の庭 現代彫刻の世界』小沢書店 1982
  • 『青春の画像』美術公論社 1982
  • 『影の町 描かれた近代』小沢書店, 1983
  • 『魂の樹 現代彫刻の世界』小沢書店, 1988
  • 『スティーヴン・ディーダラスの帽子』形文社, 1989
  • 『遠い太鼓 日本近代美術私考』小沢書店, 1990
  • 『森の掟 現代彫刻の世界』小沢書店, 1993
  • 『彫刻の絆 現代彫刻の世界』小沢書店, 1997
  • 『海にかえる魚』未知谷, 2002
  • 『彫刻家への手紙 現代彫刻の世界』未知谷, 2003
  • 『その年もまた 鎌倉近代美術館をめぐる人々』かまくら春秋社 2004
  • 若林奮 犬になった彫刻家』みすず書房 2008
  • 『早世の天才画家 日本近代洋画の十二人』中公新書 2009
  • 『彫刻家との対話 現代彫刻の世界』未知谷, 2010
  • 『鞄に入れた本の話 美術書の一隅』みすず書房, 2010
  • ダニ・カラヴァン 遠い時の声を聴く』未知谷, 2012 
  • 『覚書 幕末・明治の美術』岩波現代文庫, 2013
  • 『積丹半島記』Tokyo Publishing House〈叢書crystal cage〉, 2013
  • 『ある日の画家 それぞれの時』未知谷, 2015
  • 『鍵のない館長の抽斗』求龍堂 2015
  • 『芸術の海をゆく人 回想の土方定一』みすず書房 2016
  • 『片隅の美術と文学の話』求龍堂 2017
  • 『ある日の彫刻家』未知谷 2017
  • 『展覧会の挨拶』生活の友社 2019
  • 横尾忠則さんへの手紙』光村図書出版 2019
  • 『美術の森の番人たち』求龍堂 2020
  • 『芸術の補助線 私の美術雑記帖』みすず書房 2021

主な編著編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 多摩美術大学芸術学科 教員紹介

参照編集

みすず書房 著者・訳者紹介