メインメニューを開く

正橋 正一(まさはし しょういち、1926年8月9日 - 2006年8月28日)は、日本政治家富山県富山市長(4期)。

来歴編集

富山県射水郡大門町出身。1943年高岡商業学校(現富山県立高岡商業高等学校)卒。卒業後は東京立川立川飛行機に勤務する。終戦後、故郷に帰り、1945年11月富山県庁に入る。1951年から地方自治庁に出向する。1972年富山県庁に戻り、総務、秘書の各課長、東京事務所長、総務部長などを歴任する。1983年富山市助役となり、1986年、前年12月に死去した富山市長塩谷敏幸の後継者として富山市長選に立候補して当選する。2002年まで4期務めた。2006年死去。

著書編集

  • 『入門地方税』
  • 『入門事業税』

参考文献編集