正親町三条実久

江戸時代前期の公卿。正三位・権中納言。正親町三条家20代

正親町三条 実久(おおぎまちさんじょう さねひさ)は、江戸時代前期の公卿。官位は正三位権中納言正親町三条家20代。

 
正親町三条実久
時代 江戸時代前期
生誕 明暦2年6月21日1656年8月11日
死没 元禄8年11月11日1695年12月16日
官位 正三位権中納言
主君 後西天皇霊元天皇東山天皇
氏族 正親町三条家
父母 父:正親町三条実昭、母:冷泉為景の娘
兄弟 公廉実久公屋
養子:公統
テンプレートを表示

経歴編集

寛文11年(1671年)に兄公廉の薨去、遺児の公統は幼すぎるため、実久が中継ぎとして正親町三条家の家督を継いだ。同年に叙爵。侍従右近衛少将左近衛中将をへて、貞享4年(1687年)には参議となり、公卿に列した。元禄元年(1688年)には従三位権中納言となるが薨去。元禄8年(1695年)まで同職にあった。

系譜編集

関連項目編集