メインメニューを開く

武内 忠男(たけうち ただお、1915年11月22日 - 2007年5月24日)は、日本医学者熊本大学名誉教授大分県出身。

経歴編集

1941年満洲医科大学を卒業。1950年熊本大学医学部病理学教室に招聘され、一貫して病理学の研究と後進の育成に努めてきた。特に、組織化学の分野においては、細胞組織内に存在する酵素の観察に世界に先駆けて成功し、多数の酵素の組織細胞化学的検索手段を開発するなど、「酵素組織化学」を新しい学問領域として確立し、生物学医学への応用の基礎を作った。また、水俣病の原因究明については、1950年代後半、熊本大学医学部で組織された水俣病研究班において、水俣病が有機水銀の経口摂取と体内蓄積による中毒性の症状であることを病理学的に立証し、同研究班活動の中心的な役割を果たしたが、当時の環境庁は、その成果を否定。研究班は解散し、1972年1974年まで務めた熊本県水俣病認定審査会の会長の座を追われた。結果、認定基準が厳格化された。1986年尚絅大学短期大学部第6代学長に就任[1]

2007年5月24日腎細胞がんのため熊本県阿蘇郡の病院で死去。享年91。遺体は、熊本大の弟子たちの手で解剖に付された。

出典編集