メインメニューを開く

満州国・関東州の高等教育機関

満州国・関東州の高等教育機関(まんしゅうこく・かんとうしゅうのこうとうきょういくきかん)。日露戦争後から日本の敗戦に至る時期、日本の支配下/勢力圏内にあった満洲国および関東州に設立された主要な高等教育機関の沿革一覧である。

満洲国編集

新京編集

建国大学編集

満洲国の代表的最高学府として設立された国立大学で、総長は国務総理大臣の兼任であった。大学院・研究院を設置した。詳細は当該項目を参照のこと。

大同学院編集

満洲国所管の国立学校で、同国官吏の養成・再教育のために設立。詳細は当該項目を参照のこと。

新京法政大学編集

新京医科大学編集

その他編集

新京工業大学・新京畜産獣医大学・師道大学・女子師道大学などが存在していた。

  • 1946年中華民国に接収され、師道大学・女子師道大学が長春師範学院に、新京工業大学・新京医科大学・新京畜産獣医大学が国立長春大学に併合。いずれも1949年中華人民共和国成立をうけ廃校となる。

ハルピン(ハルビン、哈爾浜)編集

ハルピン学院(哈爾浜学院)編集

設立当初は外務省所管の旧制専門学校であったが、1940年以後は満洲国所管の国立大学となった。日露間の貿易を担う人材養成を標榜した。著名な卒業生として、外交官の杉原千畝、ロシア文学者の工藤精一郎、衆議院議員の草野威白鳥事件の白鳥一雄警部がいる。

  • 1920年日露協会1907年発足)によって日露協会学校としてハルピン市に設立。
  • 1932年4月:ハルピン学院と改称。
  • 1940年3月:大学に昇格し満州国立大学ハルピン学院と改称。修業年限4年
  • 1945年8月:日本の敗戦に伴い解散。
  • 1999年4月:ハルピン学院同窓会幕引き。同時にハルビン学院連絡所(新宿区原町1-28 恵雅堂出版内)が事務処理を引き継ぐ。

北満学院編集

満洲国所管。在留ロシア人のための大学であった。

  • 1937年3月:哈爾濱俄僑学院設立・開校。商学部設置(修業年限3年)。
    • ハルビン法科大学(1922年設立)・ハルビン教育大学(1925年設立)を統合。
  • 1938年3月:工学部(修業年限4年)を増設し満州国北満学院に改編。
  • 1945年:日本の敗戦に伴い解散。

ハルピン開拓医学院編集

  • 1940年:私立ハルピン医科大学に設立。
  • その他チャムス、チチハル、龍井にも開拓医学院がある。

その他編集

ハルピン工業大学などが存在していた。

奉天編集

満洲医科大学編集

関東局所管の私立大学である。

満洲教育専門学校編集

満鉄により、同社が付属地で経営する初等・中等学校の教員養成のために設立された師範学校。通称は教専

  • 1924年:開校。初代校長は保々隆矣(満鉄地方部学務課長)。
  • 1931年:廃止が決定。
  • 1933年:最後の卒業式が行われ廃校。

その他編集

奉天工業大学・奉天農業大学などが存在していた。

関東州編集

いずれも関東局所管の学校であり、1945年日本の敗戦に伴い進駐してきたソ連軍に接収され廃校となった。

旅順編集

大連編集

  • 南満洲工業専門学校
    • 1922年4月:私立学校として設立。
    • 1946年11月:大連工業専門学校となる。
    • 1949年4月:大連大学工学院化学系となる。
    • 1950年7月:大連工学院化学系となる。
    • 1988年:大連理工大学化工学院となる。
  • 大連高等商業学校
    • 1936年11月:私立の旧制専門学校として設立。通称は大連高商
    • 1941年4月:官立移管。
    • 1944年4月:大連経済専門学校大連経専)と改称。
    • 1946年:廃止。
    • 現在、校地は大連教育学院が使用。
  • 大連女子医学専門学校
    • 1945年:満鉄大連病院に設立。

関連書籍編集

関連事項編集