メインメニューを開く

武蔵寺(ぶぞうじ)は、福岡県筑紫野市武蔵にある、天台宗寺院。山号は椿花山(ちんかざん)。

武蔵寺
Buzotemple.JPG
所在地 福岡県筑紫野市武蔵621
位置 北緯33度29分22秒
東経130度30分28.2秒
座標: 北緯33度29分22秒 東経130度30分28.2秒
山号 椿花山
宗派 天台宗
本尊 薬師如来
創建年 伝・645年(大化1年)
開山 伝・最澄
開基 伝・藤原虎麿
正式名 椿花山成就院武蔵寺
別称 ふじ寺
法人番号 4290005006588
テンプレートを表示

目次

概要編集

創建年については、飛鳥時代とも奈良時代ともいわれ定かではないが、境内から発見された瓦や経塚から11世紀頃までには寺が建立されていたことは確認されており、九州最古の仏蹟である。また、その創建にかかわったのが藤原鎌足の子孫、藤原虎麿(虎丸・虎麻呂・登羅麻呂)といわれている。なお、虎麿は初代の大宰帥蘇我日向臣無邪(耶)志(だざいのそち・そがのひむかのおみ・むさし)と同一人物ではないかともいわれている。寺名については、武蔵国池上より日蓮宗の僧が来て、武蔵寺となったという[1]。686年(朱鳥1年)藤原虎麿が亡くなった後、その命日に「地蔵会」が行われ、現在も続いているという。

伝説など編集

  • 虎麿が山中で怪火を射落としたが、夢の中でそれは薬師如来が宿る霊木の精であり、その霊木で薬師十二神将像を作り、堂を建てて祀るようお告げあった。これが武蔵寺の建立の由緒と伝えられている。
  • 虎麿は30歳を過ぎても子供がいないことが悩みであった。虎麿は薬師堂にこもり薬師三尊に祈り縋ったところ、その加護をえて女児を授かることができたという。
  • ところが疫病が流行り、多くの人々も亡くなった。虎麿の子もこの流行病に罹り、治す手立てがなかった。虎麿はさらに薬師如来に祈願し続けたところ、ある夜、夢の中に一人の僧侶が現れて「ここから東方に葦の生えている湿地があり、そこに温泉がある。ここで入浴させれば、必ず病は治るであろう」と告げ、姿を消した。早速虎麿はその場所に行き茂った葦を刈り、こんこんと湧き出る温泉を見つけた。その温泉に子供を入浴させると、たちまち病気が治ってしまった。これが二日市温泉(薬師温泉・旧武蔵温泉)の始まりと言われている。(瑠璃子姫伝説)

境内編集

境内には藤の木があり、樹齢700年余といわれている。藤原氏に準えて植えたと伝えられている。また、境内には、観音堂、地蔵堂、大黒堂、伝教大師等の諸堂、石仏、五輪の塔、般若心経一時一石、観音経の経塔、板碑、大楠、心字池、茶室、鐘桜、芭蕉の句碑などもある。

文化財編集

行事編集

交通アクセス編集

関連史跡編集

周辺情報編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 筑前国続風土記

外部リンク編集