メインメニューを開く
1952年

武藤 嘉一(むとう かいち、1897年2月20日 - 1968年7月23日)は、日本政治家・教育者。衆議院議員[1]慶應義塾大学教授。武藤醸造所社長[1]

略歴編集

岐阜県出身。武藤嘉門の息子[1]。慶應義塾大学理財科卒業。慶大卒業後、アメリカ留学。帰国後は慶應義塾大学教授、菊川酒蔵社長、旭紡績社長などを歴任。

1946年(昭和21年)4月、戦後初の総選挙にて初当選。1952年(昭和27年)8月の解散までの約6年衆議院議員を務める(当選3回)。

1963年(昭和38年)4月、各務原市市長選に立候補し当選。初代各務原市長となる。しかし、1968年(昭和43年)6月、病気の為辞職する。同年7月、死去。

人物編集

教育者としても知られ、富田高等女学校(現富田高校)校長などの要職を歴任した。又、各務原市市長時代は、名古屋商科大学の講師も兼任していた。

武藤自身は、自らが政治家に向いていないと言っていた。周囲からの要請で政治の世界に入ったという。本人は学者、教育者が向いているとも語ったという。

趣味は音楽、旅行[1]。宗教は禅宗[1]

家族・親族編集

武藤家

岐阜県各務原市

1870年 - 1963年
  • 妻・さと(岐阜、富田吉三郎の四女)[2]
1903年 -
1926年 - 2009年
自治政務次官農林水産大臣通商産業大臣外務大臣総務庁長官自民党行政改革推進本部長などを歴任した。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『人事興信録 第15版 下』ム1頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年9月17日閲覧。
  2. ^ a b 『人事興信録 第13版 下』ム2頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年9月17日閲覧。

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 下』人事興信所、1948年。