メインメニューを開く

武藤 常介(むとう つねすけ、1890年3月21日-1963年8月6日)は、参議院議員(2期)。衆議院議員(1期)。位階は従四位。勲等は勲二等

武藤常介
むとう つねすけ
生年月日 1890年3月21日
出生地 茨城県久慈郡誉田村
没年月日 (1963-08-06) 1963年8月6日(73歳没)
出身校 茨城県立師範学校
前職 太田町長
所属政党日本進歩党→)
民主党→)
改進党→)
日本民主党→)
自由民主党

日本の旗 参議院議員
選挙区 茨城県選挙区
当選回数 2回
在任期間 1953年5月3日 - 1963年8月6日
テンプレートを表示

略歴編集

茨城県久慈郡誉田村(現・常陸太田市)生まれ[1]茨城県立師範学校(現・茨城大学)卒業後、久慈郡太田小学校訓導[1]太田実科高等女学校講師[2]等を経て、1925年太田町議会議員に当選[1]1932年(昭和7年)には太田町長に就任し、3期[2]。この間、1942年には茨城県町村長会長を歴任[2]した。

国政選挙では、1946年の総選挙で茨城選挙区に日本進歩党から出馬して初当選、だが公職追放に遭い1期限りで不出馬となる。追放解除後の1953年の参院選茨城県選挙区改進党から出馬して当選し、以後2期。この間日本民主党参議院幹事長[2](1955年3月)・自由民主党総務[2]・同茨城県連会長(1955年11月)・同国会対策副委員長(1958年6月)[2]を務め、第3次鳩山一郎内閣では労働政務次官を務める。1958年11月には藍綬褒章を受章[1]している。2期途中の1963年に死去。

長男・と孫・茨城県議会議員を務めた。

脚注編集