メインメニューを開く

毬丘 智美(まりおか ともみ、3月23日 - )は、元宝塚歌劇団星組の娘役。

イギリスロンドン、Edgware School出身。身長156cm。愛称は「ひとみ」、「ヒトちゃん」。

略歴編集

同期生は、香寿たつき(元星組トップスター)、紫吹淳(元月組トップスター)、真織由季(元星組男役スター)などがいる。舞台人として小柄だったため、当初は少女役を演じることが多かった。
  • 1992年、「恋人たちの神話」では、同期生の五峰亜季とともに初ヒロイン。
  • 2000年、星組に組替え。
  • 2003年、『ガラスの風景』/『バビロン -浮遊する摩天楼-』の東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。

宝塚歌劇団時代の主な舞台歴編集

雪組所属時代編集

  • 1988年2月、『風と共に去りぬ』(東宝)新人公演:プリシー(本役:小乙女幸
  • 1991年10月、『スポットライト・マジック』(バウ)
  • 1992年3月、『この恋は雲の涯まで』衛紹王
  • 1992年5月、『恋人たちの神話』(バウ)マリコ *ヒロイン
  • 1992年11月、『忠臣蔵 -花に散り雪に散り-』 花
  • 1994年1月、『二人だけの戦場』(バウ・東京特別・名古屋特別)リサ
  • 1994年7月、『花扇抄』/『扉のこちら』/『ミリオン・ドリームス』(ロンドン)
  • 1996年2月、『エリザベート -愛と死の輪舞(ロンド)-』ヴィンティッシュ嬢
  • 1997年5月、『晴れた日に永遠が見える』(東京特別・バウ)ミセス・ウェルス
  • 1997年12月、『春櫻賦』尾花/『LET'S JAZZ -踊る五線譜-』
  • 1998年5月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー)ワイティング夫人
  • 1999年2月、『浅茅が宿 -秋成夢幻-』磯路/『ラヴィール』(中日)
  • 1999年11月、『バッカスと呼ばれた男』ケティ/『華麗なる千拍子 99』
  • 2000年6月、『デパートメント・ストア』/『凱旋門』ビンダー夫人、フランソワーズ(役替わり公演)

星組所属時代編集

  • 2000年10月、『花吹雪 恋吹雪』(バウ・東京特別)赤影
  • 2001年1月、『花の業平 -忍ぶ乱れ-』序詞役/『夢は世界を翔けめぐる -THE WORLD HERITAGE 2001』
  • 2001年3月、『ベルサイユのばら2001 -オスカルとアンドレ編-』ジジ
  • 2001年5月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー)ピティパット
  • 2001年10月、『星組エンカレッジコンサート』(バウ)
  • 2001年11月、『花の業平 -忍ぶ乱れ-』序詞役/『サザンクロス・レビューⅡ』
  • 2002年2月、『花の業平 -忍ぶ乱れ-』序詞役/『サザンクロス・レビューⅡ』(中日)
  • 2002年9月、『蝶・恋(ディエ・リエン)』/『サザンクロス・レビュー・イン・チャイナ』(北京・上海・広州)
  • 2002年11月、『ガラスの風景』フェリーニ夫人/『バビロン -浮遊する摩天楼-』 *退団公演

関連項目編集