五峰 亜季(いつみね あき、11月9日[1] - )は、宝塚歌劇団専科に所属する女役[2]

大阪府箕面市[1]雲雀丘学園出身[1]。身長163cm[1]。愛称は「まゆみ」[1]

来歴編集

1984年、宝塚音楽学校入学。

1986年、宝塚歌劇団に72期生として入団。入団時の成績は8番[3]星組公演「レビュー交響楽」で初舞台[1][2]。その後、雪組に配属[2]

2002年11月18日付で専科へ異動となる[2]

主な舞台編集

初舞台編集

雪組時代編集

専科時代編集

出演イベント編集

  • 1990年10月、第三十一回『宝塚舞踊会』
  • 1993年7月、『'93 宝塚パリ祭』
  • 1993年10月、第三十四回『宝塚舞踊会』
  • 1995年10月、第三十六回『宝塚舞踊会』
  • 1996年10月、第三十七回『宝塚舞踊会』
  • 1997年5月、'97TCAスペシャル『ザ・祭典-四組夢の競宴-』
  • 1998年5月、'98TCAスペシャル『タカラジェンヌ!』
  • 1999年10月、第四十回『宝塚舞踊会』
  • 2003年6月、TCAスペシャル2003『ディア・グランド・シアター』
  • 2003年10月、第四十四回『宝塚舞踊会』
  • 2005年10月、第四十六回『宝塚舞踊会』
  • 2006年10月、第四十七回『宝塚舞踊会』
  • 2007年10月、阪急創立100周年記念 第48回『宝塚舞踊会』
  • 2008年10月、第四十九回『宝塚舞踊会』
  • 2009年11月、第50回記念『宝塚舞踊会』
  • 2013年10月、第52回『宝塚舞踊会』
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』
  • 2015年9月、第53回『宝塚舞踊会』
  • 2016年12〜2017年1月、『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』(外部出演)
  • 2017年10月、第54回『宝塚舞踊会』
  • 2019年10月、第55回『宝塚舞踊会〜祝舞御代煌(いわいまうみよのきらめき)〜』

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、11頁。ISBN 978-4-86649-125-7
  2. ^ a b c d e 舞台に懸ける#104「五峰亜季」タカラヅカ・スカイ・ステージ
  3. ^ 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』P.98 小林公一・監修 阪急コミュニケーションズ 2014年4月1日。ISBN 9784484146010

外部リンク編集