水着撮影会中止騒動

日本の騒動

水着撮影会中止騒動(みずぎさつえいかいちゅうしそうどう)は2023年令和5年)6月に埼玉県の県営プールで、複数回開催される予定だった水着撮影会が急遽中止となった問題[1]

中止騒動前にしらこばと水上公園で開催された撮影会の様子。2023年5月「フレッシュフェス2023」。

経緯 編集

背景 編集

埼玉県にあるしらこばと水上公園川越水上公園加須はなさき水上公園は人気グラビアアイドルコスプレイヤーが多数参加する大規模な水着撮影会の会場として頻繁に使われていた[2]。これらはいずれも埼玉県営の公営プールであるが、遊泳シーズン以外の施設の有効活用のため、県外の企業・団体にも多く貸し出されており、県営プールでの撮影会は2018年平成30年)からの5年で約120回に上っている。これだけ、埼玉県営のプールが水着撮影会の会場として使用されるのは、他の自治体や私設のプールに比べて埼玉県の基準が緩いためで、業界で重宝されてきた[3]

6月に予定されていた6つの水着撮影会は越谷市のしらこばと水上公園と川越市の川越水上公園で予定されていたイベントで、プールサイドでモデルやグラビアアイドルが水着姿でポーズをとり、有料(1万円〜3万円程度[4])で参加した撮影者がカメラを向けるという内容であった[1][3]。また、この出演者の中には中学生モデルなど未成年も含まれており、一部で問題視されていた[3][5]

中止要請 編集

この水着撮影会の現状に対し、以下のような複数の批判が寄せられた。

  • 2023年5月末に、しらこばと水上公園で同年4月に開催された撮影会での未成年アイドルや成人アイドルなどの過激な内容に関する情報が埼玉県公園緑地協会に寄せられた[3]
  • 同年6月6日日本共産党埼玉県議会議員団のTwitterアカウントが水着撮影会が都市公園法第1条に反するとして、貸し出しを禁止するよう県に申し入れいれたという旨をツイートした。また、ホームページ上で「明らかに『性の商品化』を目的とした興業」であり、都市公園法第1条の「都市公園の設置及び管理に関する基準等を定めて、都市公園の健全な発達を図り、もつて公共の福祉の増進に資することを目的とする」にふさわしくないことを理由に、会場の貸し出しを中止などを求めた発表した[2]

こうした意見を受け、6月8日に埼玉県公園緑地協会は、4月の主催団体を含めた6団体に6月の水着撮影会開催中止を要請した[3]大野元裕知事は埼玉県、公園緑地協会が特定の政治団体等の意見に左右された事実はないとしている[1]。ただ、インターネット上では共産党の申し入れが中止要請に繋がったという報道やツイートが多い。また、日本共産党関係者も中止は党の実績であるという趣旨のツイートを行っている[5]

ところが、4日後の6月12日には「明らかな違反が確認できない団体があった」上、手続き上の問題があったため6団体のうち4団体への中止要請を撤回した。また、中止要請について、しらこばと水上公園には過激な水着やポーズを禁じる貸し出し許可条件があるものの、川越水上公園にはこのような規則がなく、中止要請する根拠がないため、大野元裕知事も「適切ではなかった」と述べた[3][6]。県公園緑地協会も6月14日までに、4団体に撤回を伝えて謝罪した[7]

日程上、予定通り開催が可能なのは1団体のみとなったが[8]、その1団体も一度中止発表をした観点からそのまま中止となった[9]

中止要請撤回と開催の有無[3][10]
撮影会名 会場 開催予定日 県の判断 開催の有無
ミスヤングアニマルオーディションセミファイナルプール撮影会 しらこばと水上公園 6月10日 撤回 中止
Gスタ SWIM FETISH[11] しらこばと水上公園 6月17日 中止 中止
近代麻雀水着祭 しらこばと水上公園 6月24日〜25日 中止 中止
フレッシュプール撮影会 川越水上公園 6月10日 撤回 中止
はなまる大プール撮影会 川越水上公園 6月11日 撤回 中止
東京写真連盟 水着モデル撮影会 川越水上公園 6月18日 撤回 中止

また、同じ県営で施設管理者も同じであるのに貸出許可条件が異なるのは、読売新聞の取材に対し、同協会担当者は「特に理由はない」としており、6月12日の記者会見で大野知事は「ルールがあいまいな形では開催できないので、すべての会場に共通ルールを設けてほしい」と話している[3][6]。また、6月9日J-CASTの取材に対し、協会は県営公園での水着撮影会は一律で禁じる方針であるとした[12]

2023年7月19日、埼玉県公園緑地協会が管理している3か所の県営水上公園プールでの水着撮影会暫定ルールを発表。マイクロビキニ、および同等の露出となる水着の禁止、水着をずらそうとする、過度に足を広げる、水着を着てないように見せるポーズの禁止が明文化、イラストでも指示された。これらは2023年9月および10月に開催予定の撮影会に適用され、翌年以降は専門家の声を取り入れ新たに定められるルールが適用される[13]。ライター・徳重龍徳の取材によると、2023年4月からのしらこばとでの基準を踏襲したものであるという[14]。規定されていなかった18歳未満のモデルについては「児童ポルノ禁止法、労働基準法、埼玉県青少年健全育成条例など法令・条例に抵触する行為は禁止」と新たに記述された[13]

余波 編集

中止を余儀なくされた「フレッシュ撮影会」は、「グラビアを生業とする者、それに関わる全ての者の尊厳や生計に関わる重大な問題。不当な理由で中止に追い込まれたことに深い憤りと懸念を抱いています」とし、抗議・撤回を求める署名運動を行っている。また、同「フレッシュ撮影会」の運営会社は損害はキャンセル費を含め800万円〜1000万円に上る見込みであるとしている[4]。参加者も、遠方から訪れる者も多く、突然の中止に影響を受けた[15]

同年6月18日には、ギャルタレントのあおちゃんぺが、職業差別撲滅、職業選択の自由を名目に、東京都内でグラビアアイドルやセクシー女優らとともにデモ行進を行った。大田区議会議員の荻野稔も賛意を示した[16]。行進後に1万円払うことで水着姿を撮影することができるという「アフターパーティー」も用意され、3日間で738万円のカンパが集まった[17]

なお、インターネット上では、表現の自由が制限されるなどとして共産党を批判する書き込みが大半を占めた[15]。また、抗議活動が起きていることから、「県警とも相談し、安全を重視して抑止力とした」として埼玉県議会は6月定例会期間中の警備を強化する事態となった[18]

反応 編集

グラビアアイドルの反応 編集

様々なグラビアアイドルが本件に関するツイートをした[1]

  • 森咲智美 - 「グラビアは性の商品化と言われるのが残念だな。グラビアって体だけで表現してて芸術じゃないかな」[19]
  • 蒼猫いな - 「私たちグラビアのお仕事が奪われてく。おれらのお仕事奪わないでくれ」[2]、「くびれや胸、おしりもきれいに見せたいのに、それを『性の商品化』と言われるのはちょっと違和感がある。私たちは美を見せたい」[20]
  • やしろじゅり - 「わざわざ『女性の』ってつけるのは何故? 男性の水着撮影会なら何も言わなかったんだろうなってところが透けて見える」[2]
  • 須羽こころ - 「ルール守ってやってる未成年の子もいるから一括りにされてしまうとん~となる」[21] ※未成年時点での参加経験者
  • RaMu -「登場人物全員に問題があるなっていうふうには思っていて。誰が悪いっていうか、全員悪い」[22]
  • 枝窪純子 -「私たちグラビアアイドルは強制され性被害としてプール撮影会に出演している訳ではありません。好きで水着を着ているし好きで撮影会に出演しています」[23]
  • 高田千尋 -「もし過去に過激なポーズや、未成年の参加があれば、(中止要請ではなく)まず主催者や当該アイドルへの注意から行うべきではないか」[23]
  • くりえみ -「当たり前に撮影会で生計を立ててる子は死活問題ですよね。ある意味、職業を奪われるわけですから。」「シンプルにルールを詳細に且つ明確に設ければいいと思います。年齢制限、露出制限、その他細かな規則。そして出演する前に契約を巻けばいいと思います」[24]

著名人の反応 編集

  • 音喜多駿(政治家・日本維新の会) - 「表現弾圧につながるもので論外であるのは勿論、ルールを遡及適用・拡大適用したことを認めている管理者側にも大きな問題がある」[25]
  • 田端信太郎インフルエンサー) - 「共産党が知事に申し入れをしているが、本来は議会で『いかがなものか』と質問をして、その後にルールを作っていくべき。自由を尊ぶ民主主義の法治国家という前提で、こういう形で水着撮影会が潰されてしまうのは大問題だ」[20]
  • 橋下徹弁護士) - 「不快なものを禁じるってには、僕は違うと思う。不快かどうかは人それぞれ違う」[26]
  • 古市憲寿社会学者) - 「(不快なものを禁じたら)政治的な集会とかデモも全部不快だから中止になってしまう」[26]
  • 北村晴男弁護士) - 「これを言い出したら、テレビに出ているアイドルグループ、みんな性の商品化で“けしからん”ということになっちゃうんですよ」[27]
  • 宮崎謙介(元衆議院議員) - 「担当者もビビってしまって、“Twitterで過激なものが出回ったとなると、苦情の電話が殺到する”と判断したのでは。政治家と行政は痛くも痒くもないので、主催者やタレントのことは考えない。行政に想像力と胆力がなかったということだと思う」[23]
  • たぬかな(元プロゲーマー、グラビア撮影経験者) - 「グラビアの仕事をやっているやつは性的な目で見られてなんぼ。シコってください、っていう女しかそういう仕事はしてないんよ」[28]
  • 佐々木俊尚(ジャーナリスト) - 「あらゆるコンテンツから完全に女性の性を切り離すことは、現実的にあり得ないのではないか。(中略)モデルやグラビアアイドルも、自己表現の1つとしてやっていると認識している。そこを“無知蒙昧な女性が男にだまされて水着になっている”とする考え方こそが女性差別だ」[20]
  • 上原亜衣(インフルエンサー、Ai撮影会主催者) - 「確かになかには際どい水着を着ている子もいる。でもそれもファンサービスなので気持ちはよくわかる。カメラマンから求められてSEXYなポーズをとってしまったりとか。プール撮影会はファンの皆様とも交流できるし、(太陽光の下で)きれいに撮ってもらえる場所。みんな安心して参加できるようになったらいい」[29]

再開後の反響 編集

2023年7月19日に公園緑地協会から発表された水着撮影会暫定ルールに基づき、同年9月9日、加須はなさき水上公園で開催された「SPA!フェス2023 プール撮影会」(運営:フレッシュ撮影会)で県内のプール撮影会が再開[30]。3か所の県営プールでもそれぞれ撮影会が再開され、ルール徹底のため公園緑地協会職員が巡回[31]。主催者も出演モデルに注意喚起を行った[31]

SNSで投稿画像を見たものからは「マイクロビキニ」や「下乳露出」が違反しているのではとの声も挙げられたが、公園緑地協会ではどこからがマイクロビキニにあたるのかという露出面積を明確には決めておらず、レギュレーション違反には当たらないという見解を示している[31]。明確に決めない理由は「水着のサイズをその都度図るわけにはいかない」「同じ水着だとしても身長や体格によって見え方が異なる」ことを理由に挙げている[31]

2024年3月5日には県公園緑地協会が本年度の新たな開催許可条件を定め、ホームページで公開した[32]。昨年の暫定ルールに続き18歳未満のモデル出演を禁止し、新たに未成年撮影者の参加禁止を明示した[32]。水着やポーズの規定(手引書)は13ページに上る。グラビアアイドルの咲村良子は、部外者のクレームで当事者の権利が侵害された[33]。手引書はグラビアアイドルの多様な体形を考慮していない(「着た時の見え方」なので、例えば同じサイズのものを着ても胸が大きいと小さく見えてしまう)。モデルが動くことを考慮しておらず、ズレを直すことも違反ポーズのようになってしまうとインタビューで吐露[33]。現代美術家の柴田英里は監視員がモデルの着用水着に問題がないか凝視したり、動画撮影をするなどの行が逆にセクハラになっていると指摘した[33]

時系列表 編集

  • 5月
    • 4月に県営プールで行われた撮影会の、過激な内容に関する情報が埼玉県公園緑地協会へ送られる。
  • 6月
    • 6月6日 - 日本共産党が、撮影会を都市公園法第1条に反するとして、貸し出しを禁止するよう県に申し入れたとTwitter上で発表。
    • 6月8日 - 埼玉県公園緑地協会が、6団体に6月の水着撮影会開催中止を要請。
    • 6月10日 - しらこばと水上公園と川越水上公園で予定されていた2つの撮影会が中止。(ともに後に要請撤回。)
    • 6月11日 - 川越水上公園で予定されていた撮影会が中止(後に要請撤回)。
    • 6月12日 - 4団体への中止要請を撤回。
    • 6月14日 - 埼玉県公園緑地協会が4団体に撤回を伝えて謝罪。
    • 6月17日 - しらこばと水上公園で予定されていた撮影会が中止。
    • 6月18日 - 中止要請、およびその撤回のあった川越水上公園で予定されていた撮影会が中止。東京都内であおちゃんぺらによるデモ行進が行われる。
    • 6月24日 - しらこばと水上公園で予定されていた撮影会が中止。
  • 7月
    • 7月19日、埼玉県公園緑地協会が管理している3か所の県営水上公園プールでの水着撮影会暫定ルールを発表。
  • 9月
    • 9月9日、加須はなさき水上公園で開催される「SPA!フェス2023 プール撮影会」(運営:フレッシュ撮影会)で県内のプール撮影会が再開[30]。 

脚注 編集

出典 編集

  1. ^ a b c d 水着撮影会急きょ中止 埼玉県知事が経緯説明「特定の政治団体等の意見に左右された事実はない」 - スポニチ Sponichi Annex 芸能”. スポニチ Sponichi Annex. 2023年6月25日閲覧。
  2. ^ a b c d 徳重龍徳: “「開催2日前にいきなり電話で言われ…」共産党の申し入れで「水着撮影会」が中止に 騒動の裏側に迫る”. デイリー新潮 (2023年6月9日). 2023年6月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 出田阿生、中山岳: “東京、千葉は厳しいから埼玉で!? 5年間で120回 県営プールでの「水着撮影会」騒動で考える、表現の自由と児童ポルノ:東京新聞 TOKYO Web”. 東京新聞 TOKYO Web. 2023年6月25日閲覧。
  4. ^ a b 「水着撮影会中止騒動」でイベント中止の運営会社は“約1000万円”損害も・・・抗議・撤回求める署名運動にも発展【Nスタ解説】 | TBS NEWS DIG (1ページ)”. TBS NEWS DIG (2023年6月13日). 2023年6月25日閲覧。
  5. ^ a b 昼間たかし (2023年6月14日). “「中学生の水着写真」を堂々と投稿…“表現の自由”を声高に叫ぶ人たちの正体”. 日刊SPA!. 2023年6月25日閲覧。
  6. ^ a b 日本放送協会 (2023年6月12日). ““水着撮影会 一律の中止要請は不適切” 一部撤回を指導 埼玉 | NHK”. NHKニュース. 2023年6月25日閲覧。
  7. ^ “県協会、4団体に謝罪 県営公園での水着撮影会中止要請めぐり”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2023年6月14日). https://www.asahi.com/articles/ASR6G7S0GR6GUTNB001.html 2023年6月25日閲覧。 
  8. ^ 県営プールの「水着撮影会」に中止要請 埼玉知事「違反なかった団体には撤回を指導」”. テレ朝news. 2023年6月25日閲覧。
  9. ^ 6月18日(日) 東京写真連盟 水着モデル撮影会”. Junko Edakubo (2023年6月1日). 2023年6月26日閲覧。
  10. ^ 埼玉県営公園「水着撮影会」突如中止要請にグラビア界ブーイング…補償問題はどうなる?|日刊ゲンダイDIGITAL”. 日刊ゲンダイDIGITAL (2023年6月13日). 2023年6月25日閲覧。
  11. ^ 6月17日プール撮影会に関して 埼玉県しらこばとプールでの開催ですが、施設からの要請により使用不可となりました。 そこで会場を差し替えての開催とさせていただきます。”. Gスタ @gst_tokyo (2023年6月9日). 2023年6月26日閲覧。
  12. ^ 「モデルに18歳未満」「過激ポーズや水着」指摘受け確認 埼玉県営公園での「プール撮影会」が会場都合で中止...一律禁止に”. J-CAST ニュース (2023年6月9日). 2023年6月25日閲覧。
  13. ^ a b 埼玉県営プールの水着撮影会、NGポーズと水着公開 18歳未満のモデルにも言及”. KAI-YOU.net | POP is Here . (2023年7月20日). 2023年7月23日閲覧。
  14. ^ 徳重龍徳: “プール撮影会「貝殻水着」「マイクロビキニ」禁止でグラドルからは安堵の声も…18歳未満の参加に協会は苦慮”. デイリー新潮 (2023年7月21日). 2023年7月23日閲覧。
  15. ^ a b キモカメコ 佐藤: “「プール撮影会」中止騒動、共産党の“勝手な言い分”にイベント運営側は怒り 1000万円超の損失か”. Sirabee (2023年6月9日). 2023年6月25日閲覧。
  16. ^ リアルライブ (2023年6月12日). “水着撮影会中止巡り、グラドルらが抗議パレード開催? 区議員や同業者が賛同「今こそ声を」(リアルライブ)|dメニューニュース”. リアルライブ. アンカード. 2023年6月25日閲覧。
  17. ^ 週刊新潮編集部: “共産党の「水着弾圧」に黙っていられない グラドルら渋谷を行進「撮影会は下積みのグラビアタレントの重要な収入源」(抜粋)”. デイリー新潮 (2023年6月24日). 2023年6月25日閲覧。
  18. ^ 「水着撮影会」中止でSNSに賛否、埼玉県議会議事堂を警察官が警備”. 読売新聞 (2023年6月29日) 2023年7月4日(UTC)閲覧。
  19. ^ 中止撮影会に出演予定アイドル「グラビアって体だけで表現する芸術じゃない?」森咲智美「本当に残念」/デイリースポーツ online”. デイリースポーツ online (2023年9月7日). 2023年9月6日閲覧。
  20. ^ a b c TIMES編集部, ABEMA (2023年6月15日). “「ボディービルダーの方が筋肉を見せるように、私たちも体の美を見せたい」 水着撮影会は“性の商品化”? 中止になったイベント主催者・グラドルに聞く | 国内 | ABEMA TIMES | アベマタイムズ”. ABEMA TIMES. 2023年6月25日閲覧。
  21. ^ https://twitter.com/suwa_cocoro0126/status/1666800883550789632”. Twitter. 2023年8月12日閲覧。
  22. ^ RaMu 水着撮影会中止騒動に「登場人物全員悪い」「危ない格好していくグラドルもダメ」”. 東スポWEB (2023年8月6日). 2023年8月13日閲覧。
  23. ^ a b c TIMES編集部, ABEMA (2023年6月13日). “水着撮影会中止にグラドル訴え「まず注意が先」「“しょうがない”とは思えない」 周囲への思わぬ余波も | 国内 | ABEMA TIMES | アベマタイムズ”. ABEMA TIMES. 2023年8月13日閲覧。
  24. ^ HEW. “「フェチ天使」くりえみ、水着撮影会中止問題に私見「撮影会で生計を立ててる子は死活問題」 - 芸能 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2023年8月13日閲覧。
  25. ^ 水着撮影会中止、維新・音喜多駿氏「表現弾圧につながる」可能性示唆/デイリースポーツ online”. デイリースポーツ online (2023年9月7日). 2023年9月6日閲覧。
  26. ^ a b 古市憲寿氏 水着撮影会中止問題に「不快だからと禁じたら政治的な集会とかデモも全部中止に」 - スポニチ Sponichi Annex 芸能”. スポニチ Sponichi Annex (2023年6月12日). 2023年6月25日閲覧。
  27. ^ 北村弁護士、水着撮影会騒動に私見「これを言い出したら、アイドル全てが“けしからん”になるんですよ」 - スポニチ Sponichi Annex 芸能”. スポニチ Sponichi Annex (2023年8月1日). 2023年9月6日閲覧。
  28. ^ yutura編集部: ““プール撮影会中止騒動”めぐる「たぬかな」の発言が話題 「ここまで割り切ると清々しい」の声も”. yutura. オモシロ (2023年6月11日). 2023年6月11日閲覧。
  29. ^ 「プール撮影会NG事例を実演してみた」集英社『週刊プレイボーイ』2023年9月4日No.36 175‐178頁
  30. ^ a b WEBザテレビジョン (2023年9月9日). “<フレッシュ撮影会>植田章太郎氏が語る今後の“プール撮影会”「運営面のブラッシュアップはずっと続けています」”. WEBザテレビジョン. 2023年9月9日閲覧。
  31. ^ a b c d 徳重龍徳、デイリー新潮編集部: “露出しすぎ?再開した埼玉「プール撮影会」で“下乳論争” 問題視された水着とは(全文)”. デイリー新潮 (2023年9月26日). 2023年10月28日閲覧。
  32. ^ a b 埼玉県営プール、「水着撮影会」許可条件を明確化 ポーズや着用 細かく例示 18歳未満のモデル出演や撮影禁止:東京新聞 TOKYO Web”. 東京新聞 TOKYO Web (2024年3月7日). 2024年3月10日閲覧。
  33. ^ a b c 【対談】咲村良子×柴田英里 水着撮影会中止はむしろ女性の権利を侵害している”. 実話BUNKAタブーチャンネル (2024年5月31日). 2024年6月1日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集