メインメニューを開く

水道布設工事監督者(すいどうふせつこうじかんとくしゃ)は水道法に基づいて定められているもので、水道施設の布設工事(新設または増設もしくは改造)の施工に関する技術上の監督業務を行なう。

昭和32年(1957年)12月12日政令第336号にて制定されており、平成16年(2004年)3月19日政令第46号が最終改訂である。

関連項目編集

外部リンク編集