永井 啓夫(ながい ひろお、1927年10月 - 2006年11月 )は、日本の民俗芸能評論家・研究者。

東京生まれ。日本大学国文科卒業。1997年まで日本大学文理学部国文科教授を務める。舞踊の作詞家としても活躍、代表作に新内『広重八景』。

正岡容の門下。同門には小沢昭一大西信行3代目桂米朝都筑道夫加藤武小島貞二らがいる。

小沢昭一大西信行3代目桂米朝加藤武らとは、東京やなぎ句会を結成して俳人として活動した。

著書編集

単著編集

  • 三遊亭円朝 永井啓夫 著 青蛙房 1962 のち青蛙選書
  • 寺門静軒 永井啓夫 著 理想社 1966
  • 市川小団次 永井啓夫 著 青蛙房 1969 のち「四代市川小団次」として再刊
  • 日本芸能行方不明 : 近世芸能の落日 永井啓夫 著 新しい芸能研究室 1987

編著・共著編集

脚注編集