メインメニューを開く

加藤 武(かとう たけし、1929年5月24日 - 2015年7月31日)は、日本男性俳優声優文学座前代表。東京市京橋区(現東京都中央区)出身。早稲田大学英文科卒業。俳号は「阿吽[1]

かとう たけし
加藤 武
本名 加藤 武
生年月日 (1929-05-24) 1929年5月24日
没年月日 (2015-07-31) 2015年7月31日(86歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市京橋区(後の東京都中央区
死没地 日本の旗 日本・東京都
身長 166 cm
職業 俳優声優
ジャンル 映画テレビドラマ演劇
活動期間 1952年 - 2015年
配偶者 なし
主な作品
テレビドラマ
なっちゃんの写真館
真田太平記
天うらら
風林火山
映画
悪い奴ほどよく眠る
仁義なき戦い 代理戦争
仁義なき戦い 頂上作戦
犬神家の一族 (1976年の映画)
悪魔の手毬唄
獄門島
釣りバカ日誌』シリーズ
犬神家の一族 (2006年の映画)
テンプレートを表示

来歴・人物編集

1929年、築地で仲卸業を営む家に生まれる。祖母は十五代目市村羽左衛門の贔屓、両親[注釈 1] 共に清元節を嗜み、姉は舞踊[要曖昧さ回避]をやっていた。中央区立泰明小学校麻布中学校・高等学校卒業。小沢昭一フランキー堺仲谷昇大西信行なだいなだ内藤法美は麻布中学校の同級生だった。幼少期より歌舞伎を愛好し、学校を早退してまで歌舞伎座に通っており俳優に憧れていた。

早稲田大学では演劇研究会に入り、ここで映画監督の今村昌平・俳優の北村和夫らと知り合う[2]。小沢、大西らと学生劇場に参加[3]。やがて今村昌平から脱退を進められ、小沢、大西、北村和夫、岩村久雄、沼田幸二らとオスカーというグループを結成した[4]

卒業後、一時地方公務員の公立高校教員として新宿区立大久保中学教諭教[5]に就く(英語を教える)も俳優への道を諦めきれず、1952年、辞職して先に北村が入団していた文学座研究所に入る。早大の同級・北村和夫とともに文学座の看板女優杉村春子に芸をたたき込まれた[6]。この頃に演芸評論家作家である正岡容に出会い、小沢や落語家桂米朝、作家・都筑道夫らと共に歌舞伎と芸のいろはを学ぶ。同年の『狐憑』が初舞台となる。1959年に正式に座員となり、『美しきものの伝説』『富島松五郎伝』などの舞台に出演した。1974年に盟友の小沢昭一や山口崇永六輔らと芸能座を結成した。しかし、1980年に解散し、文学座に戻った。1985年には吉永仁郎原作の『芝居 月もおぼろに』を演出した。

映画には1953年今井正監督『にごりえ』に端役で出演したことから始まり、翌年の黒澤明監督『七人の侍』では町を歩く侍役でノンクレジット出演している。1957年の『蜘蛛巣城』における都築警護の武士役や『隠し砦の三悪人』の冒頭部分で壮絶な死にざまを見せた落武者、『悪い奴ほどよく眠る』の主人公の相棒・板倉役など計8作の黒澤作品に出演した。ほか『仁義なき戦い』シリーズの優柔不断な親分・打本昇役でも知られる。

犬神家の一族 (1976年の映画)』『悪魔の手毬唄』を始めとする金田一耕助シリーズでは役名が毎回異なるものの、粉薬が手放せず、イチイチ大仰な身振りで「よしっ!分かった!」と手をポンと叩きながら早合点を繰りかえす警察幹部を好演し、野村證券のCMでも使用された。

市川崑や黒澤、浦山桐郎今村昌平らから重用された。

テレビドラマでは1970年代にNHKで放映された『警部マクロード』の上司役でのアテレコ、時代劇では『真田太平記』の本多忠勝、『風林火山』の諸角虎定など、歴史上の人物を演じている。

1976年10月から1977年3月まで、TBSラジオのナイターオフ番組『山田二郎ワイドで勝負!90分』の番組内にて『加藤武のラジオ国語辞典』と題するラジオ番組のディスクジョッキーを担当していたこともあった[7]

映画『釣りバカ日誌』では主人公・浜崎伝助の務める鈴木建設の秋山鉄蔵専務役、リメイク版『日本沈没』では地球物理学学者に扮したほか、2006年に映画『犬神家の一族』が30年ぶりにリメイクされた際には、オリジナル版と同じ役で再登場。バラエティ番組『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』(フジテレビ系)の1コーナー「クイズよしっ分かった!」のモデルとなり、レギュラー出演もしていた。

晩年も文学座の俳優として舞台で活動するほか、海外ドラマアニメへの声優としての出演作も多数あり、また徳川夢声以来となる吉川英治の『宮本武蔵』の朗読にも取組んでいた。

2010年戌井市郎が死去した後に文学座代表代行に就任、2015年5月に正式に文学座代表に就任していたが[8]、同年7月31日、スポーツジムのサウナで、心疾患の発作[9]を引き起こした後倒れ、搬送先の東京都内の病院にて死亡が確認された[10]。86歳没。葬儀は密葬で行われた[11]。戒名は「無相院阿吽演武居士(むそういんあうんえんぶこじ)」と、道号には俳号であった「阿吽」が使われている。

主演予定だった舞台『すててこてこてこ』は、坂部文昭が代役を務め、「加藤武追悼公演」として公演された[12]

2015年10月5日、江守徹を発起人として劇団葬が執り行われた[13]。加藤亡き後の文学座代表には江守徹が2016年に就任した[14]

人物編集

エッセイ執筆などもこなす器用な人物だが、自分の半生や戦前の下町の様子などを語る場合には、枕言葉で生まれた「小田原町」が必ず出てくる。2013年現在では存在しない地名のため、小田原市と混同されるが、築地明石町や小田原町は電信や郵便といった明治の文明開化が上陸した最初の地であるため、江戸人は強いプライドを持っていたらしい。

阿吽」の俳号を名乗る俳人でもあり、江國滋、小沢昭一、3代目桂米朝らと共に東京やなぎ句会の同人でもあった[1]

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

  • ダイヤル110番(NTV)
    • 第24話「拳銃」(1958年)
    • 第47話「遺留品」(1958年)
    • 第54話「獅子舞」(1958年)
    • 第65話「罠」(1958年)
    • 第75話「捜査一課十号室」(1959年)
    • 第77話「自首して来た男」(1959年)
    • 第82話「三番目の男」(1959年)
    • 第90話「夜が恐い」(1959年)
    • 第93話「赤い爪」(1959年)
    • 第105話「地面師」(1959年)
    • 第110話「消えた炎」(1959年)
    • 第117話「分け前」(1959年)
    • 第126話「危険な贈り物」(1960年)
    • 第144話「非常線」(1960年)
    • 第146話「狼」(1960年)
    • 第148話「上野発22時15分」(1960年)
    • 第185話「渦線を追って」(1961年)
    • 第189話「万引部隊」(1961年)
    • 第200話「警視101現場に在り」(1961年)
    • 第225話「警らこと始め」(1962年)
    • 第289話「大阪連続放火事件」(1963年)
    • 第329話「初警ら異聞」(1964年)
  • 事件記者 第6話「誤報」(1958年、NHK) - 斎木
  • ウロコ座 第97 - 99話「五重塔」(1958年、KR)
  • ヤシカゴールデン劇場 / ジーキル博士とハイド氏(1958年、NTV)
  • お好み日曜座(NHK)
    • 大川仇討(1959年)
    • ゴーマンな妖精(1959年)
  • 日曜大法廷 第1話「森の石松殺人事件」(1959年、NET)
  • 夫婦百景(NTV)
    • 第49話「停年夫婦」(1959年)
    • 第65話「ワンワン夫婦」(1959年)
  • 心に詩あり 第12話「燃えなん我が胸」(1959年、NET)
  • ミステリー影(MBS)
    • 重たい影(1959年)
    • 現行犯(1959年)
  • ゴールデン劇場 / ウェディング・ドレス(1959年、NTV)
  • 風流交差点 / 秋風吹けど(1959年、NET)
  • スリラー劇場・夜のプリズム(NTV)
    • 第45話「作並」(1959年)
    • 第50話「虫臣蔵」(1959年)
    • 第61話「ぬれた女」(1960年)
    • 第83話「消えない影」(1960年)
    • 第102話「谷間」(1960年)
  • 指名手配 第6話「誘い出し強殺事件」(1959年、NET)
  • 西鶴師走噺より 第4話「遊興の果て」(1959年、NHK)
  • ここに人あり 第117話「黒い芽」(1959年、NHK)
  • これが真実だ 第4話「ニイタカヤマノボレ!! 真珠湾攻撃隊」(1959年、CX)
  • ドキュメンタリードラマ・裁判 / 鉄路に訊け(1959年、KR)
  • 落語太平記 第17話「恋患い無情の枯木」(1959年、KR)
  • 慎太郎ミステリー・暗闇の声 / 分身(1960年、KR)
  • 日本剣豪列伝 第7話「柳生宗厳と松田織部之助」(1960年、KR)
  • 東芝土曜劇場(CX)
    • 第50話「再起」(1960年)
    • 第128話「宿家宿坊の終焉」(1961年)
    • 第163話「だにとダイヤモンド」(1962年)
  • NECサンデー劇場 / 北海の人々(1960年、NET)
  • テレビ劇場(NHK)
    • 川を渡る風(1960年) - 製本屋主人栄吉
    • 風流紙芝居丹前(1961年)
    • 二度目の青春(1962年)
    • 利助の赤ん坊(1962年)
    • 伝法水滸伝(1963年)
    • 鳥人幸吉(1963年)
  • おかあさん 第48話「蛇の夜」(1960年、TBS)
  • 第20話「槍一筋」(1961年、CX)
  • テレビ指定席(NHK)
    • 南の島に雪が降る(1961年)
    • 流人天国(1961年) - 勘助
    • 星に行った女(1962年)
    • 山の湖(1962年)
    • 喪われた街(1962年)
  • 短い短い物語 第6話「魔術」(1961年、NET)
  • 愛の劇場 第128話「屋根の下」(1962年、NTV) - 須藤善吉
  • 日立ファミリー劇場(YTV)
    • 柳はみどり(1962年) - 春風亭柳左
    • 太夫殿坂(1962年)
  • 文芸劇場(NHK)
    • 第52話「火山湖」(1962年)
    • 第59話「世はさまざまの」(1963年)
    • 第61話「この世で一番粋なこと」(1963年)
    • 第79話「夜の道」(1963年)
    • 第87話「石中先生行状記」(1963年)
    • 第97話「ちゃん」(1964年)
  • NHK大河ドラマNHK

真田太平記(1985年)-本多平八郎忠勝

テレビアニメ編集

  • 新宝島(1965年、フジテレビ) - 海賊シルバー(狼)[15]

劇場アニメ編集

1985年

2002年

吹き替え編集

ラジオ編集

ドキュメンタリー編集

  • NHKスペシャル 病の起源 第2集 骨と皮膚の病〜それは“出アフリカ”に始まった〜(2008年4月20日、NHK) - ナビゲーター

舞台編集

  • 怪談 牡丹燈籠

著作ほか編集

  • 昭和悪友伝(1976年、話の特集
  • 街のにおい 芸のつや(1993年、新しい芸能研究室) ISBN 490007618X
  • 悪ガキ少年の俳優志願-芝居大好き(1995年、ポプラ社 新・のびのび人生論) ISBN 459104906X
  • 加藤武 芝居語り(2019年、筑摩書房)- 市川安紀編著、生前最後のインタビューをまとめた

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 母親は演芸も好きであり、三代目三遊亭円之助のファンであったようで、圓之助はたびたび「築地のおばさん」と呼んでいたという。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 加藤武さんの急死と、訃報が相次ぐ「東京やなぎ句会」 サンケイスポーツ 2015年8月3日閲覧
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  5. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  6. ^ (こころの玉手箱)俳優 加藤武(3) 杉村春子師匠”. 日本経済新聞夕刊 (2013年5月22日). 2015年8月6日閲覧。春日太一杉村春子に『あんたの芝居は借り物』と指摘された加藤武」『週刊ポスト』2014年3月14日号、NEWSポストセブン、2014年3月9日、2015年8月6日閲覧。名脇役の加藤武さん86歳急死、ジムのサウナで倒れ - おくやみ”. 日刊スポーツ (2015年8月2日). 2015年8月6日閲覧。「エンターテインメント/長寿「北斎」にちと及ばなかった「加藤武さん」の生涯現役」『週刊新潮』、新潮社、2015年8月13日、 168頁。
  7. ^ TBSラジオ 1976年10月ラジオ番組表 (PDF) ラジオ東京スピリッツ
  8. ^ 劇団「文学座」代表・加藤武さん、ジムのサウナで倒れ急死”. スポーツ報知 (2015年8月1日). 2016年4月4日閲覧。
  9. ^ サウナで亡くなった俳優の加藤武さん、死因は「心疾患」 : 芸能 : スポーツ報知
  10. ^ “加藤武さん死去 ジムのサウナで倒れる 「よーし分かった」の決め台詞”. スポニチ Sponichi Annex. (2015年8月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/08/01/kiji/K20150801010852190.html 2017年4月11日閲覧。 
  11. ^ 俳優の加藤武さん死去 「犬神家の一族」で警察官役:朝日新聞デジタル
  12. ^ 加藤武さん 舞台代役は文学座後輩の坂部文昭 「追悼公演」に”. スポニチ (2015年8月7日). 2015年8月7日閲覧。
  13. ^ 加藤武さん劇団葬 江守徹、黒柳徹子ら550人参列”. スポニチ (2015年10月6日). 2015年10月6日閲覧。
  14. ^ “文学座、新しい劇団代表に江守徹さん 任期は6年”. 朝日新聞. (2016年4月4日). http://www.asahi.com/articles/ASJ4446Q1J44UCVL00J.html?iref=comtop_list_cul_n03 2016年4月4日閲覧。 
  15. ^ 新宝島”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月11日閲覧。

外部リンク編集