永井均

日本の哲学者、倫理学者

永井 均(ながい ひとし、1951年11月10日 - )は、日本哲学者倫理学者日本大学文理学部哲学科教授

永井 均
人物情報
生誕 (1951-11-10) 1951年11月10日(70歳)
日本の旗 日本 東京都
国籍 日本の旗 日本
出身校 慶應義塾大学文学部哲学科
同大学院文学研究科
学問
研究分野 形而上学自我論倫理学
研究機関 千葉大学
日本大学
主な指導学生 青山拓央
主な業績 〈私〉、超越論的なんちゃってビリティ
主要な作品 『なぜ意識は実在しないのか』(岩波書店、2007年)
『世界の独在論的存在構造――哲学探究2』(春秋社、2018年)他
影響を
受けた人物
ウィトゲンシュタインニーチェ
テンプレートを表示

来歴編集

1951年生まれ。1970年慶應義塾高等学校卒業。慶応高の同級生に松任谷正隆が居る。1974年慶應義塾大学文学部哲学科卒業。1976年慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程修了。1982年、慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程単位取得[1]

1990年信州大学人文学部助教授。1995年、同学部教授。1998年千葉大学文学部教授。2002年、千葉大学大学院社会文化科学研究科教授。2007年日本大学文理学部教授。

2015年より一般財団法人熊崎報恩財団理事長を務める[2]

受賞編集

  • 1989年10月 - 日本倫理学会和辻賞受賞

著作編集

単著編集

共著編集

共編著編集

訳書編集

共訳編集

論文編集

連載編集

(2021年12月現在)

  • 「哲学探求3」(Web春秋)[3]

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ 永井均『哲学の賑やかな呟き』 ぷねうま舎、2013年9月、著者紹介。
  2. ^ 理事長挨拶 - 社会福祉を支援する一般財団法人熊崎報恩財団”. 一般財団法人熊崎報恩財団. 2018年3月15日閲覧。
  3. ^ Web春秋”. 春秋社. 2021年12月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集