メインメニューを開く

永山 耕三(ながやま こうぞう、1956年7月22日- )は、日本のテレビドラマディレクター映画監督フジテレビジョン役員待遇制作局第1制作センター専任局次長。東京都出身。父は元松竹会長の永山武臣。曾祖父は男爵永山武四郎。娘はサイバーエージェントが運営するCandy by Amebaの総合プロデューサーの永山瑛子。

目次

経過・人物編集

学習院高等科を経て、1981年成城大学文芸学部ヨーロッパ文化学科卒業[1]フジテレビジョン入社。テレビディレクターとして多数のテレビドラマを手がけ『東京ラブストーリー』『ひとつ屋根の下』『ロングバケーション』など、フジテレビ月9ドラマを中心に多数のヒット作を演出していることで知られる。

ドラマ制作センターの演出、プロデューサー、ゼネラルプロデューサーを経て、2013年6月27日から1年間編成制作局次長兼ドラマ制作部プロデューサー・ディレクター。2012年6月28日から1年間と2014年6月27日より2年間編成制作局ドラマ制作センター専任局次長だった。2016年6月28日現職。

作品編集

テレビドラマ編集

アニメ編集

映画編集

舞台編集

  • スタンド・バイ・ミー(1991年8月)
  • ミュージカル「1999…月が地球にKISSをする」(1995年、作・演出)
  • ミュージカル「BEAT POPS "FIGHTING GIRLS(たたかう女のコ!)"」(2004年、企画・原案・プロデュース)
  • ミュージカル「HEART of GOLD ~STREET FUTURE OPERA BEAT POPS~」(2004年、プロデュース・作・演出)
  • 舞台「ウサニ」(2012年、演出)

ビデオ編集

作詞編集

  • 松たか子 「BEGINNINGS」(アルバム『アイノトビラ』に収録。)
  • EXILE 「HEART of GOLD」・「May Be Tomorrow」(EXILESのアルバムに収録。)
  • hiro 「いつか二人で」
  • dream 「PURE」・「Love Generation」

受賞歴編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集