フジテレビビジュアルクイーン

フジテレビビジュアルクイーン(FujiTelevision Presents Visual Queen of The Year)は、フジテレビが企画したアイドルユニットのプロジェクトの名称。

概要編集

1992年から2002年まで、年1回ごとにメンバーが選ばれた。将来性があると思われるグラビアアイドルを毎年数名程度選び出し、フジテレビのマスコットキャラクターとして各種イベントやテレビ番組への出演活動の他、フジサンケイグループ傘下のポニーキャニオンなどからイメージビデオ・DVD、トレーディングカード写真集などといった関連グッズを製作・販売する企画を通して、収益事業に育てていこうというものであった。

選出されたアイドルは必ずソロのイメージビデオまたはDVDを製作し発売していた。

内田有紀稲森いずみ華原朋美などが、その後ブレイクを果たしたことで若手登竜門という位置付けになった。特に2001年の宮地真緒は後にNHK連続テレビ小説まんてん』(2002年)のヒロインに選ばれ、“ビジュアルクイーンから朝ドラヒロイン誕生”と話題になった。

その後、1998年から2015年まで日本テレビが「日テレジェニック」、2001年から2004年までテレビ朝日が「テレ朝エンジェルアイ」と、同様のプロジェクトを展開した。

2003年以降、当企画は行われていないが、11年間で総勢46名のタレントを輩出した。

意義編集

Visual Queen of The Yearの意義について、各映像作品に、次のように示されている。

「フジテレビが中心になって構成される「VISUAL QUEEN選考プロジェクト」によって選ばれたその年、最も注目される女性タレントに賞を与えるとともに、トップディレクターの演出にるイメージ映像で彼女たちの魅力を紹介するものです。」

歴代メンバー編集

※選出時の芸名を記す。

関連項目編集