メインメニューを開く

永岑 三千輝(ながみね みちてる、1946年 - )は、日本歴史学者。横浜市立大学名誉教授。

専門は、ドイツ現代史、ナチス・ドイツのヨーロッパ占領政策、特にソ連占領政策とホロコーストの研究。

ドイツ産業史、ワイマール期・ヴェルサイユ体制下のドイツ航空機産業、ユンカース、ドルニエ、ハインケルなど。

目次

経歴編集

  • 1946年1月、中華民国天津特別市に出生。
  • 1964年3月、香川県立観音寺第一高等学校卒。
  • 同年4月、横浜国立大学経済学部入学。大塚久雄・高橋幸八郎門下の遠藤輝明(フランス経済史、産業革命史)に師事。
  • 1968年4月、東京大学大学院経済学研究科理論経済学・経済史学専攻修士課程に進学。ドイツ経済史の松田智雄に師事。
  • 同年6月、大学への機動隊導入により「東大闘争」の全学化。経済大学院は「無期限スト」突入。
結果、全員留年。 
  • 1971年4月、同大学院博士課程に進学。修士論文「ナチスの農村進出-シュレスヴィヒ・ホルシュタインの場合-」。74年3月、同博士課程満期退学。
  • 1973年4月から、立正大学経済学部助手。
  • 1974年4月立正大学経済学部専任講師(西洋資本主義発達史担当)。1977年4月、同助教授。1986年4月、同教授。
  • 1995年10月、東京大学博士(経済学)。学位論文『ドイツ第三帝国のソ連占領政策と民衆 1941―1942』(同文舘、1994)。
  • 1996年4月、横浜市立大学商学部教授。2005年より、学部再編にともない、同国際総合科学部教授。
  • 2011年3月、同大学名誉教授。

おもな業績編集

単著編集

  • 『ドイツ第三帝国のソ連占領政策と民衆 1941-1942』(同文舘、1994)
  • 『独ソ戦とホロコースト』(日本経済評論社、2001)
  • 『ホロコーストの力学―独ソ戦・世界大戦・総力戦の弁証法―』(青木書店、2003)

編著編集

  • 『ヨーロッパ統合の社会史―背景・論理・展望』(廣田功との共編、日本経済評論社、2004)

翻訳編集

  • ハルトムート・ケルブレ著・雨宮明彦・金子邦子・永岑三千輝・古内博之訳『ひとつのヨーロッパへの道―その社会史的考察』(日本経済評論社、1997)
  • ワルター・ラカー編・井上茂子・木畑和子・芝健介・長田浩彰・永岑三千輝・望田幸男訳『ホロコースト大事典』(柏書房、2003)
  • ハルトムート・ケルブレ著・永岑三千輝監訳・金子公彦・瀧川貴利・赤松廉史訳『ヨーロッパ社会氏―1945年から現在まで』(日本経済評論社、2010)
  • ハルトムート・ケルブレ著・永岑三千輝監訳・瀧川貴利・赤松廉史・清水雅大訳『冷戦と福祉国家』(日本経済評論社、2014)

脚注編集

  • 永岑「ホロコーストとヨーロッパ統合―二つの対極的論理と史的力学-」『横浜市立大学論叢』第62巻 人文科学系列 第3号、2011年3月、23-55。 
  • 「永岑三千輝教授 略歴・研究業績」『横浜市立大学論叢』第62巻 人文科学系列 第3号、永岑三千輝教授 退職記念号、1-21。
  • 永岑「ナチス研究からヴェルサイユ体制下航空機産業の研究へ」日本ドイツ学会『ドイツ研究』第52巻、2018年3月、152-158。