メインメニューを開く

松田 智雄(まつだ ともお、1911年5月22日 - 1995年11月9日)は、日本の経済史学者、東京大学名誉教授。近代ドイツ経済史を研究[1]

目次

来歴編集

朝鮮仁川生まれ。東京帝国大学卒。立教大学教授、1956年東大経済学部教授[1]。72年定年退官[要出典]ケルン日本文化会館長、図書館情報大学[1]。最初の妻は作家の松田瓊子。義父は野村胡堂。いとこの長男は荻昌弘[要出典]。1995年、死去。

著書編集

共編著編集

記念論集編集

脚注編集