メインメニューを開く

汎用エンジン(はんようエンジン)とは、各種作業機に搭載するために製造されている内燃機関で、自動車用やオートバイ用エンジンなど、専用に設計されているエンジンとの対照語である。

概要編集

たとえば4ストロークレシプロガソリンエンジンの場合、主に3馬力(2.5 kW)から35馬力(25 kW)程度である。そして、安価な機械式ガバナー最高回転数を抑えるようにされているものが一般的である。作業機に合わせ、空気取り入れ口エアクリーナをつけ防塵性、耐土埃性を上げたり、チョーク弁キルスイッチをカスタマイズして工場から出荷されているケースが多い。

また、4サイクルエンジンはその構造上、クランク軸に対しカム軸が1/2の速度で回転するため、カム軸を出力軸とした減速タイプがあり、農業機械や小型運搬車などのあまり回転数を上げずに使用される作業機に使われている。 多くは出力軸側から見て左回転(反時計回り)だが、逆回転のものもある[1]

一方、ディーゼルエンジンは、単気筒・小排気量の可搬型から、「産業用」とも呼ばれる多気筒・大排気量の定置型大型機関まで、多種多様のエンジンが生産されている。用途は、可搬型は、発電機ポンプ、空気圧縮機、小型建設機械ハンドガイド式ロードローラー)など、定置型は自家発電、非常用電源、パワーバージなどの内燃力発電用が代表的である。

また、これらは冷却系、給排気系、調速機を変更して[2]船舶[3]ディーゼル機関車[4]の主機関として搭載されることもある。

種類編集

燃料別では、一般的なガソリンエンジンディーゼルエンジンに加え、主に開発途上国向けとしてケロシンエンジンがある。ケロシンエンジンは、ガソリンエンジンの設計をベースに圧縮比を落とすことで効率ダウンと引き換えにケロシン使用を可能としたもので、主たる燃料のケロシン以外に、始動用燃料としてガソリンタンクを装備、始動時のみガソリンを使用するような配管切り替え機構を与える事例が多い。

出力取り出しの用途別に以下のものがある。

キーウェー軸
汎用の中でも汎用として、出力軸にプーリを付けて回転数を任意にできるようにしたもの。
テーパ軸
発電機用。通常は可変スロットルを持たず、販売地域の商用周波数に合わせた回転数で固定されている。負荷変動で起こる回転数変化に対しては、ダイアフラムを用いた簡単な調速機で対応している。但しインバータ制御方式のものはエンジンの回転数は一定であるが、異なる周波数用に切り替えが可能である。
ねじ軸
ポンプ用、業界内ではポンプ軸と呼ばれている。一般に調速装置付であるが、殆ど全開で使用される。

メーカー編集

作業機メーカーが中小企業を含め多数あるのに対し、エンジンメーカーは少なく、日本国内では、

などである。

脚注編集

  1. ^ ロビンに逆回転エンジンがあったが廃止された。
  2. ^ 発電用は、負荷変動にかかわらず、発生した交流電力の周波数を商用電源周波数に合わせる必要があり、また、ポンプ用も、空気を吸い込んだ際に無負荷に近い状態となるため、それぞれコンスタントスピードガバナーが必要となる。一方、移動機械用は極低回転から最高回転までの広い範囲(全回転域)で負荷の変動に対応できる、オールスピードガバナーが必要となる。
  3. ^ 船舶用は小型から中型程度まで。大型船舶向けは専用の超低回転型2ストロークユニフロー掃気ディーゼルエンジンの独壇場である。
  4. ^ 日本国内の例では、京葉臨海鉄道KD60形に採用された三菱重工業S6A3-TAなど。
  5. ^ ガソリンエンジン - 三菱重工エンジンシステム(2016年版/2017年1月26日閲覧)
  6. ^ 汎用エンジン - 富士重工業(2017年版/2017年1月26日閲覧)
  7. ^ ヤマハ発動機と富士重工業の間で 汎用エンジンの一部および米国販売会社の譲渡に関する契約を締結 - ヤマハ発動機
  8. ^ 汎用ガソリンエンジン - 川崎重工業(2016年版/2017年1月26日閲覧)
  9. ^ ホンダ汎用製品ガイド(PDF) - 本田技研工業(2016年版/2017年1月26日閲覧)
  10. ^ 産業用ディーゼルエンジン - クボタエンジンジャパン(2016年版/2017年1月26日閲覧)
  11. ^ ヤンマー産業エンジン - ヤンマー(2016年版/2017年1月26日閲覧)

関連項目編集