メインメニューを開く
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 江ノ島ヨットハーバー

江の島ヨットハーバー(えのしまヨットハーバー)は、神奈川県藤沢市にある東日本最大級のヨットハーバー

江の島ヨットハーバー

Enoshima.JPG

情報
用途 ヨットハーバー
事業主体 神奈川県
管理運営 株式会社湘南なぎさパーク
敷地面積 117,300 m²
所在地 251-0036
神奈川県藤沢市江の島1-12-2
座標 北緯35度18分2秒 東経139度29分3秒 / 北緯35.30056度 東経139.48417度 / 35.30056; 139.48417座標: 北緯35度18分2秒 東経139度29分3秒 / 北緯35.30056度 東経139.48417度 / 35.30056; 139.48417
テンプレートを表示
江の島の空中写真。島の東側の大部分をヨットハーバーが占めている様子が分かる。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成1988年撮影。

目次

概要編集

このヨットハーバーは神奈川県藤沢市の沖にある島「江の島」の中にある。1964年10月に開催された東京オリンピックヨット競技の会場として使うために、1961年より江の島の北東側海岸にあった岩場を埋め立て1964年にヨットハーバーが完成した。

施設は、埋立地のうち約3300平米(m2)にヨット係留施設を建設し、その中に鉄筋3階建クラブハウス・約500台駐車可能の駐車場なども合わせて建設され、またヨットだけでなく2000t級の観光船なども発着できるように全長115mの岸壁を設置し、その場所は水深7mまで掘削された。

1964年8月18日午前10時にオリンピック関係者や神奈川県知事などを招いて落成式が開催された[1]。そしてオリンピック終了後に一般人も利用できる施設として開放された。

2015年にクラブハウスは改築される。

2020年開催予定の東京オリンピックではセーリングの競技会場として2015年6月のIOC理事会によって決定された[2][3]

施設諸元編集

  • 建設費  約24億円(当時)
  • 埋立面積 117,300m2
  • 係留可能数 約96隻

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集