メインメニューを開く

江刺 昭子(えさし あきこ、1942年2月18日 - )は、日本の評伝作家、女性史研究家。

岡山県に生まれ、広島県呉市広島市)で育つ。旧姓大川。高校の文芸部の企画で郷里の作家大田洋子を知り、大学在学中に大田宅に下宿している時に大田の急死に遭遇する。早稲田大学教育学部国語国文科卒業。卒論は田村俊子文化出版局「ミセス」編集部に7年間勤めた後、1971年よりフリーランスライターに。1972年、原爆を被爆した大田洋子の評伝『草饐(くさずえ)』で第12回田村俊子賞を受賞。2004年、第10回横浜文学賞受賞[1]。2010年、第59回神奈川文化賞受賞[2]。1981年から2014年まで日本エディター・スクールの講師を務め、基本文章コースとジャーナリズム文章コースを担当していた。

単著編集

  • 『草饐』濤書房、1971 のち大月書店 
  • 『覚めよ女たち 赤瀾会の人びと』大月書店、1980
  • 『女のくせに 草分けの女性新聞記者たち』文化出版局、1985 のちインパクト出版会 
  • 逗子は燃えた、そして 池子住民訴訟ノート』インパクト出版会、1990 
  • 『女の一生を書く 評伝の方法と視点』日本エディタースクール出版部、1994 
  • 『透谷の妻 石阪美那子の生涯』日本エディタースクール出版部、1995 
  • 『中央区女性史 - いくつもの橋を渡って 通史』中央区女性史編さん委員会編、ドメス出版、2007
  • 『樺美智子 聖少女伝説』文藝春秋、2010
  • 『「ミセス」の時代 - おしゃれと(教養〉と今井田勲』現代書館、2014

共編著編集

  • 『戦後史と女性の解放』絲屋寿雄共著、(『歴史と女性シリーズ』)合同出版、1977 
  • 大正デモクラシーと女性』井手文子共著、(『歴史と女性シリーズ』)合同出版、1977 
  • 『愛と性の自由 「家」からの解放』編著(『思想の海へ「解放と変革」』)社会評論社、1989
  • 『写真・絵画集成日本の女たち 第1巻 時代を生きる』編、日本図書センター、1996 
  • 『女がヒロシマを語る』加納実紀代・関千枝子・堀場清子共編著、インパクト出版会、1996
  • 『文学にみる日本女性の歴史』西村汎子・関口裕子・菅野則子共編著、吉川弘文館、2000
  • 『時代を拓いた女たち かながわの131人』史の会共編著、神奈川新聞社、2005
  • 『時代を拓いた女たちⅡ かながわの111人』史の会共編著、神奈川新聞社、2011  
  • 『この女を見よ 本荘幽蘭と隠された近代日本』安藤礼二共編著 ぷねうま舎、2015
  • 『原爆と原発、その先 女性たちの非核の実践と思想』早川紀代共編著、御茶の水書房、2016
  • 『時代を拓いた女たちⅢ かながわの112人』かながわ女性史研究会共編著、神奈川新聞社、2019

参考文献編集

  • 「人その本 - 江刺昭子さんと「草饐 - 評伝大田洋子」」「サンケイ新聞」1972年3月15日夕刊
  • 「あすに生きる女たち - 近代女性史関係の評伝を執筆 江刺昭子さん」「読売新聞」1981年11月22日朝刊

脚注編集