江川 英文(えがわ ひでぶみ、1898年7月19日 - 1966年8月21日)は、日本法学者。専門は国際私法

来歴・人物編集

1898年、東京市生まれ。父は江川英武

早稲田中学校第一高等学校文科丙類を経て、1922年東京帝国大学法学部法律学科入学。

1925年東京帝大卒業、東京帝大助手。

1927年東京帝大助教授、1936年教授。

1959年東京大学を定年退職、東京大学名誉教授、立教大学教授。

1962年 東京大学法学博士。論文の題は「国際私法に於ける裁判管轄権」[1]

その間、国際法学会理事長、国際私法学会理事長、著作権制度審議会会長、法制審議会国際私法部会長、ハーグ国際私法会議日本政府代表、などを歴任。比較法国際アカデミー正会員、万国国際法学会会員。

1966年死去。

正三位、叙勲二等旭日重光章

著書編集

単著編集

  • 『国際私法(改訂版)』 弘文堂 1983年
  • 『国際私法(改訂)』 有斐閣 1989年

共著編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 博士論文書誌データベース