池上 岳彦(いけがみ たけひこ、1959年 - )は、日本経済学者。専門は財政学立教大学副総長、立教大学経済学部教授、東京都税制調査会会長。東京市政調査会藤田賞受賞。

人物・経歴編集

宮城県生まれ。1982年東北大学法学部卒業[1]。1984年東北大学大学院経済学研究科経済学専攻修士課程修了[2]。1991年東北大学大学院経済学研究科経済学専攻博士課程後期課程修了[1]、論文「戦間期日本の租税政策 : 1920年代における現代資本主義化と租税政策過程」で経済学博士の学位を取得[3]

新潟大学商業短期大学部専任講師、同助教授新潟大学経済学部助教授、同教授を経て、1999年立教大学経済学部教授[1]。2011年立教大学経済学部長。2017年立教大学陸前高田サテライト長。2018年立教大学副総長(統括)。専門は財政学[2]東京都税制調査会会長等も務めた[4]東京市政調査会藤田賞受賞[2]。指導学生に根岸睦人新潟大学准教授等がいる[5]

著書編集

単著編集

共著編集

編著編集

  • 『地方税制改革』(ぎょうせい、2004年)
  • 『現代財政を学ぶ』(有斐閣、2015年)

共編著編集

脚注編集

  1. ^ a b c 副総長紹介立教大学
  2. ^ a b c 「池上 岳彦」researchmap
  3. ^ 東北大学 , 経済学博士 , 甲第4493号 , 1991-11-14
  4. ^ 都税調が答申、国の偏在是正措置に反論 日本経済新聞2018/10/26 12:12
  5. ^ 教育活動に関する受賞立教大学