メインメニューを開く

池尾 愛子(いけお あいこ、1956年8月19日 - )は、日本の経済学者。専門は経済学史早稲田大学商学学術院教授、博士(商学)

人物編集

大阪府出身。1980年一橋大学社会学部卒業、1985年一橋大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学。指導教官は美濃口武雄[1]

國學院大學経済学部教授を経て、早稲田大学商学学術院教授[2]

国際経済学者赤松要の研究など、日本の経済学史の研究を行い、2002年には論文"Japanese economics in the international context : The internationalization of economics in the twentieth century"で、早稲田大学から博士(商学)の学位を取得。

日本国際フォーラムの政策委員[3]。経済学史学会幹事、日本経済思想史研究会幹事、大学評価・学位授与機構経済学系教育評価専門委員会専門委員等も務める。

略歴編集

  • 1956年 大阪府出身
  • 1980年 一橋大学社会学部卒業
  • 1982年 一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了、経済学修士
  • 1985年 一橋大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学
  • 1985年 - 2000年 国学院大学経済学部 専任講師・助教授・教授
  • 2000年 早稲田大学商学部教授
  • 2006年 早稲田大学商学学術院教授

著書編集

  • 『20世紀の経済学者ネットワーク-日本からみた経済学の展開』有斐閣,1994
  • 『日本の経済学と経済学者』日本経済評論社, 1999.1
  • 『日本の経済学』名古屋大学出版会, 2006.4
  • 『赤松要 : わが体系を乗りこえてゆけ(評伝・日本の経済思想)』日本経済評論社, 2008.2.

出典編集