メインメニューを開く

池田 功(いけだ いさお、1957年 - )は、日本近代文学研究者、明治大学・明治大学大学院教授

新潟県生まれ。1981年明治大学文学部文学科卒。1991年同大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。1988-1990年韓国・東国大学校招聘特別専任講師。1992年明治大学政治経済学部専任講師、1995年助教授、2001年教授。2003-2005年ドイツフライブルク大学及びボン大学日本文化研究所客員研究員。2006年「石川啄木 国際性への視座」により明治大学より博士(文学)号取得。2010年明治大学大学院教養デザイン研究科教授。事務局長、副会長を経て2015年4月より第7代目の国際啄木学会会長。2018年8月~9月国際交流基金の派遣によりインド・デリー大学大学院客員教授。

単著編集

  • 『若き日本文学研究者の韓国』武蔵野書房、1992
  • 『石川啄木 国際性への視座』おうふう、2006
  • 『こころの病の文化史』おうふう、2006
  • 『石川啄木 その散文と思想』世界思想社、明治大学人文科学研究所叢書、2008
  • 『新版 こころの病の文化史』おうふう、2008
  • 『啄木日記を読む』新日本出版社、2011
  • 『啄木 新しき明日の考察』新日本出版社、2012
  • 『石川啄木入門』桜出版、2014
  • 『啄木の手紙を読む』新日本出版社、2016 

編著

 『世界は啄木短歌をどう受容したか』桜出版、2019

共編著 編集

  • 『明治の職業往来 名作に描かれた明治人の生活』上田博共編、世界思想社、2007
  • 『小説の中の先生』上田博、前芝憲一共編、おうふう、2008
  • 『「職業」の発見 転職の時代のために』上田博共編、世界思想社、2009
  • 木下杢太郎の世界へ』上田博、木内英実、古澤夕起子共編、おうふう、2012

参考編集