メインメニューを開く

池田 悦子(いけだ えつこ)は、日本漫画原作者。代表作は『悪魔の花嫁(作画:あしべゆうほ)』。夫は作家池田雄一

最初はテレビ映画脚本家として活躍しており、テレビ業界に携わる人物であったが、1972年、『緋紋の女』(作画:牧美也子)にて漫画原作者デビュー[1]。同作品が第3回・1974年日本漫画家協会賞優秀賞したという経緯もあってか、その後は漫画原作者として活躍している。

月刊プリンセス』創刊期において大きく貢献し1975年創刊号から連載開始した『悪魔の花嫁』は累計発行部数は1000万部突破[2]の大ヒット作となった。

その後の1970年 - 80年代「月刊プリンセス黄金期」においても『悪魔の花嫁』は『王家の紋章』(細川智栄子あんど芙〜みん))、『エロイカより愛をこめて』、『イブの息子たち』(青池保子)、『妖精国の騎士』(中山星香)、『オリンポスのポロン』(吾妻ひでお)、『アンジェリク』(原作 セルジュ・ゴロン&アン・ゴロン作画 木原敏江)などの作品と共に同誌においてなくてはならない存在であった。

作品リスト編集

脚注編集

  1. ^ 平成8年8月発売の秋田文庫『悪魔の花嫁』(秋田書店)プロフィールより。
  2. ^ 2012年3月発売のボニータコミックスα『ダークサイド・ブルース 』(秋田書店)巻末広告より。