池田 治(いけだ おさむ、1931年12月15日[1] - 2006年5月25日)は、日本弁護士政治家民主改革連合参議院議員

池田 治
いけだ おさむ
生年月日 1931年12月15日
出生地 日本の旗 日本
没年月日 2006年5月25日(満74歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京都新宿区
出身校 中央大学法学部
前職 弁護士
所属政党 連合の会民主改革連合
称号 法学士
勲三等旭日中綬章

選挙区 愛媛県選挙区
当選回数 1回
在任期間 1989年 - 1995年
テンプレートを表示

経歴編集

愛媛県東宇和郡野村町[1](現・西予市)出身。1956年中央大学法学部卒業[1]法政大学の講師などを経て、1969年弁護士登録[1]1984年法曹政治連盟会長に就任する[1]1989年の参議院議員選挙に愛媛県選挙区から連合推薦で出馬し、自由民主党公認の元農林水産大臣檜垣徳太郎を破って初当選。連合参議院(後の民主改革連合)の結成に参加。民主改革連合の幹事長などを務めた。1995年の参院選で再選を目指したが自由民主党公認の塩崎恭久に敗れて落選、引退した。2002年勲三等旭日中綬章受章。

2006年5月25日、心不全のため東京都新宿区の病院で死去。享年74。

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『新訂 政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』30頁。

参考文献編集