メインメニューを開く

池田 長常(いけだ ながつね)は、備中松山藩の第2代藩主。長吉系池田家3代。

 
池田長常
時代 江戸時代前期
生誕 慶長14年(1609年
死没 寛永18年9月6日1641年10月10日
改名 猿(幼名)→長常
戒名 曹渓院殿久安禅昌大居士
墓所 岡山県高梁市上谷町の威徳寺
東京都港区高輪の東禅寺
官位 従五位下、出雲
幕府 江戸幕府
備中松山藩
氏族 池田氏
父母 父:池田長幸、母:於松(森忠政の娘)
兄弟 長常長教長信長泰長重高島長親
正室:堀直寄の娘
万大夫、娘(分部嘉治正室)、娘(溝口政良正室)、娘(酒井忠洪正室)
テンプレートを表示

生涯編集

初代藩主・池田長幸の長男。藩主になる前から第3代将軍・徳川家光に兜を受領するなど、寵愛を受けていた。寛永9年(1632年)の父の死去により家督を継ぐ。しかしこの時、次弟の長純(長教)と分割相続すべきとの遺言で、叔父の長頼脇坂安信が口論、長頼が安信の弟・安経を殺害、長頼は切腹、安信も改易された。長常にはお咎めなく一括相続されている。

翌年、松江藩堀尾忠晴が嗣子の無いまま死去して堀尾家が改易となった際、松江城を守備した。長男の万大夫が早くに死去して娘しかいなかったため、死に臨んで娘を末期養子として家督を継がせようとしたが、幕府からの裁定が下る前に長常が9月6日に死去してしまったため、幕府から末期養子を許されず、結局備中松山における池田家は断絶した。享年33。

長常自身は武勇に優れ、勇猛な士を愛する人物だったと言われている。長常・長信の母の嘆願により、三弟の長信が1000石の旗本となって井原に陣屋(井原陣屋)を持ち、4箇村を治めることを許され、池田家の家名はかろうじて存続した[1]

脚注編集