メインメニューを開く

池田 長政(いけだ ながまさ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将片桐池田家初代。

 
池田長政
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正3年(1575年
死没 慶長12年7月20日1607年9月11日
別名 橘左衛門(通称)、片桐長政
墓所 岡山県赤磐市茶臼山
官位 河内守
主君 池田輝政
播磨国姫路藩
氏族 池田氏(→片桐氏
父母 父:池田恒興、母:善応院荒尾善次娘)
養父:片桐俊元
兄弟 元助輝政長吉長政、安養院(森長可室、後に中村一氏室)、
若政所豊臣秀次正室)、天球院山崎家盛正室、後に離縁)、浅野幸長正室、
織田勝長正室
異父姉:七条織田信時娘、飯尾敏成正室、後に下間頼龍正室)
正室:加藤嘉明
長明片桐采女室、山崎家治
テンプレートを表示

生涯編集

天正3年(1575年)、池田恒興の四男として尾張国犬山に誕生。幼少時に片桐俊元の養子となり、慶長2年(1597年)に俊元が死去すると、家督と三河国新庄7000石の所領を継いだ。

『池田家履歴略記』によれば、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで兄・輝政と共に東軍に与して織田秀信の籠る岐阜城攻めで軍功を挙げ、戦後に1万5000石の加増を受けて播磨国赤穂城主に任命されたが、一説には東西どちらが勝っても池田氏が存続できるように、兄の命令で西軍に与していたともいわれる。

その後、さらに1万石の加増を受け、最終的に備前国下津井3万2000石の領主となる。江戸城普請や駿府城普請でも功績を挙げた。

慶長12年(1607年)7月20日、伊勢国庄野庄にて死去した。享年33。家督は子の長明が継いだ。長政の家系は輝政の孫・池田光政から始まる岡山藩の家老(片桐池田家)として明治時代まで存続した。