沈黙の傭兵』(原題: Mercenary for Justice)は、2006年アメリカ映画

沈黙の傭兵
Mercenary for Justice
監督 ドン・E・ファンルロイ
脚本 スティーヴ・コリンズ
製作 ランドール・エメット
ジョージ・ファーラ
ダニー・ラーナー
レス・ウェルドン
製作総指揮 アヴィ・ラーナー
スティーヴン・セガール
トレヴァー・ショート
出演者 スティーヴン・セガール
ルーク・ゴス
ジャクリーン・ロード
音楽 スティーヴン・エドワーズ
撮影 ドン・E・ファンルロイ
編集 ロバート・A・フェレッティ
配給 日本の旗 アートポート
公開 日本の旗 2006年11月25日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ストーリー編集

湾岸戦争の英雄ジョン・シーガーは、軍事政権から民衆を解放するというCIAの大義名分の下、傭兵としてアフリカ・ガルモラル島での戦闘に参加していた。しかし戦いに突然フランス軍が介入し、シーガーたちは撤退を余儀なくされる。さらに追い討ちをかけるように親友のジョーンズが戦死。失意のシーガーはCIA高官のジョン・ドレシャムに嵌められたことを悟りながら帰国する。帰国後、ジョーンズの家族のもとを訪れたシーガーはドレシャムから自分が狙われていることに気付く。その後シーガーはクルーガーらに襲われ、傭兵斡旋業のアンソニー・チャペルに仕事を依頼される。依頼は、テロ容疑で逮捕されて南アフリカケープタウン郊外にある難攻不落で知られるランドヴェルド刑務所に収監され、現在はアメリカへの身柄引き渡しを待つ死の商人アーメト・ダサンの息子の救出であった。断ればジョーンズの家族が殺されるということで、彼は仕方なく仕事を引き受ける。

キャスト編集

役名 俳優 ソフト版日本語吹替
ジョン・シーガー スティーヴン・セガール 大塚明夫
マキシン・バーノル ジャクリーン・ロード 湯屋敦子
アンソニー・チャペル ロジャー・グーンヴァー・スミス 大川透
ジョン・ドレシャム ルーク・ゴス 桐本琢也
サミュエル・ケイ マイケル・ケネス・ウィリアムズ 落合弘治
ブルドッグ エイドリアン・ギャレイ
クルーガー ラングレー・カークウッド
ニュースキャスター レスリー=アン・ダウン

スタッフ編集

  • 監督:ドン・E・ファンルロイ
  • 製作:ランドール・エメット、ジョージ・ファーラ、ダニー・ラーナー、レス・ウェルドン
  • 製作総指揮:アヴィ・ラーナー、スティーヴン・セガール、トレヴァー・ショート
  • 脚本:スティーヴ・コリンズ
  • 撮影:ドン・E・ファンルロイ
  • 音楽:スティーヴン・エドワーズ
  • 編集:ロバート・A・フェレッティ
  • プロダクション・デザイン:カルロス・ダ・シルバ

外部リンク編集