沓脱 タケ子(くつぬぎ たけこ、1922年7月7日 - 2005年6月10日)は、日本医師であり政治家である。元日本共産党参議院議員。元姫島病院名誉院長。

沓脱 タケ子
くつぬぎ たけこ
生年月日 (1922-07-07) 1922年7月7日
出生地 日本の旗 大阪府
没年月日 (2005-06-10) 2005年6月10日(82歳没)
死没地 大阪市西淀川区
出身校 大阪女子高等医学専門学校
(現関西医科大学)
前職 医師
所属政党 日本共産党

選挙区 大阪府選挙区
当選回数 3回
在任期間 1973年 - 1983年
1986年 - 1992年
テンプレートを表示

生涯編集

大阪府出身。岸和田高等女学校(現大阪府立和泉高等学校)を経て、大阪女子高等医学専門学校(現関西医科大学)卒業。

1950年大阪を襲ったジェーン台風による浸水被害の中、勤務していた開設間もない姫島診療所(民家2階の仮診療所だった)から避難者があふれる姫島小学校で多数の病人・怪我人が出ているとの知らせを受け、地域住民の作ったで手当てのため小学校に向かう。半パンツ姿で孤立した家には2階から出入りし、夜は小学校に泊まり込み救護活動にあたった[1]

1973年に参院補選(大阪府選挙区)で自民党候補(森下泰)を破り初当選[2]。その後も大阪府選挙区から1977年1986年と当選、通算3期務める。議員在職中は乳幼児医療費無料化や、アスベスト問題などに取り組んだ。

2005年、腹部大動脈瘤破裂のため大阪市西淀川区の病院で死去。82歳だった。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ いのちの平等をめざしてー淀協の70年のあゆみ. 一般財団法人淀川勤労者厚生協会. (2017年11月23日) 
  2. ^ 森山欽司 ─反骨のヒューマニスト─ 第十六章 (PDF)”. 2013年8月17日閲覧。

関連項目編集

関連書籍編集