河井信太郎(かわい のぶたろう、1913年10月1日 - 1982年11月15日)は、愛知県蒲郡市生まれの日本検事東京地検特捜部で活躍した。

略歴・人物編集

昭電疑獄吹原・森脇事件田中彰治事件、日通事件造船疑獄など多くの複雑多岐にわたる知能犯会社事件の捜査・取調べにあたり、「鬼検事」の名を欲しいままにした不世出の捜査検事。多くの特捜検事を育てたことでも知られている。「東京地検特捜部生みの親」と云われている。

愛知県蒲郡から兄のいる東京に上京、蒲郡農業東京実業から中大法科の夜間部を経て、高文合格。官吏になるまでの間、海軍経理学校短期現役学生(いわゆる短現組)に選ばれたエリートであった。そこで経理会計を修得したことが、のちの特捜時代に役立った。東京地検特捜部創設時は母校である中央大にある経理研究所も制度確立に参画したことが言われている。

但、当時の検察内部の権力抗争の内幕の一端が明らかにされている現在はかつてのような崇拝はうけていない(検察庁#特捜検察と公安検察を参照)。またファッショと呼ばれた程の強引な手法は当時の政治情勢を読みきった上での捜査であり屈折した存在と見る人もいる。

戦後、主として黎明期の東京地検特捜部に経済検事出身の馬場義続(東京地検検事正)らによって、田中萬一(東京地検次席検事)、山本清二郎(東京地検特捜部長)、そして河井信太郎(東京地検主任検事)ら私立大学である中央大学出身者が引き上げられたことから、のちに検察内部では東大閥と中大閥との主導権争いが「中東戦争」などと称されたように拮抗した存在として知られてゆくこととなる。

略歴編集

  • 1938年11月 高等文官試験司法科試験に合格。
  • 1939年3月 中央大学法学部を卒業。
  • 1939年4月 司法官試補に任官。海軍経理学校海軍主計大尉。
  • 1944年5月 検事に任官。東京刑事地区裁検事、
  • 1945年8月 静岡地裁沼津支部兼沼津区裁検事、東京地検検事、司法研修所教官。
  • 1957年7月 法務省刑事局刑事課長。
  • 1959年6月 法務省在外研究員(米、英、独、仏、伊などに出張)
  • 1961年7月 東京地検特捜部長
  • 1965年9月 東京地検次席検事 - 日通事件をめぐり、井本台吉検事総長と対立。
  • 1968年9月 最高検検事
  • 1971年1月 水戸地検検事正
  • 1972年 横浜地検検事正
  • 1973年 広島高検検事長
  • 1975年 大阪高検検事長。

参考文献編集

  • 河井信太郎『検察読本』(商事法務)

関連事項編集