河合信和(かわい のぶかず、1947年4月13日[1]- )は、科学ジャーナリスト、翻訳家。

千葉県生まれ。北海道大学薬学部卒業[2]朝日新聞社に入る。同出版局勤務のかたわら、人類学・考古学についての著作、翻訳をおこなう。

著書編集

  • 『400万年の人類史 ヒトはいかにして地球の主になったか』光文社 カッパ・サイエンス 1983
  • 『最古の日本人を求めて』新人物往来社 1987
  • 『ヒトはどこからきたか 最新考古学の世界』朝日新聞社 朝日ジュニアブック 1991
  • ネアンデルタール人と現代人 ヒトの500万年史』文春新書 1999
  • 旧石器遺跡捏造』文春新書 2003
  • 『ホモ・サピエンスの誕生』同成社 市民の考古学 2007
  • 『人類進化99の謎』文春新書 2009
  • 『ヒトの進化七〇〇万年史』ちくま新書 2010

翻訳編集

  • ジョン・M.コールズ『古代人はどう暮らしていたか 実験考古学入門』どうぶつ社 自然誌選書 1985
  • マイラ・シャクリー『ネアンデルタール人』学生社 1985
  • マイラ・シャクリー『古代社会を復元する』学生社 1986
  • フィリップ・E.L.スミス『農耕の起源と人類の歴史 食料生産経済のもたらしたもの』有斐閣選書 1986
  • デヴィッド・W.フィリップソン『アフリカ考古学』学生社 1987
  • ジョン・ワイマー『世界旧石器時代概説』雄山閣出版 1989
  • ブライアン・M.フェイガン『アメリカの起源 人類の遥かな旅路』どうぶつ社 1990
  • グレアム・コナー『熱帯アフリカの都市化と国家形成』近藤義郎共訳 河出書房新社 1993
  • ブライアン・M.フェイガン『現代人の起源論争 人類二度目の旅路』どうぶつ社 1994
  • ブライアニ・コールズ, ジョン・コールズ『低湿地の考古学 湿原の古代人たち』雄山閣出版 1994
  • マーガレット・エーレンバーグ『先史時代の女性 ジェンダー考古学事始め』河出書房新社 1997
  • クリストファー・ストリンガー,クライヴ・ギャンブル『ネアンデルタール人とは誰か』朝日選書 1997
  • イアン・タッタソール『化石から知るヒトの進化』三田出版会 1998
  • アラン・ウォーカー, パット・シップマン『人類進化の空白を探る』朝日選書 2000
  • クリストファー・ストリンガー, ロビン・マッキー『出アフリカ記人類の起源』岩波書店 2001
  • アン・ギボンズ『最初のヒト』新書館 2007
  • パット・シップマン『アニマル・コネクション 人間を進化させたもの』同成社 2013
  • ダリオ・マエストリピエリ『ゲームをするサル 進化生物学からみた「えこひいき」の起源』雄山閣 2015
  • パット・シップマン『ヒトとイヌがネアンデルタール人を絶滅させた』監訳 柴田譲治原書房 2015

論文編集

外部リンク編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『ヒトの進化七〇〇万年史』著者紹介