メインメニューを開く

河合 正智(かわい まさとも、1944年1月22日 - 2012年5月1日)は日本政治家、元公明党所属の衆議院議員(通算4期)、元岐阜県議会議員(通算2期)。

経歴編集

岐阜県羽島市に生まれる。中央大学法学部卒業。

1987年岐阜県議会選挙に公明党公認で出馬し、初当選。以後、2期連続当選。1993年、第40回衆議院議員総選挙に引退する伏屋修治衆議院議員の後継候補として旧岐阜1区から出馬し初当選を果たす。以後、4期連続当選。小選挙区制施行後は比例東海ブロック単独の出馬だった。

2000年第2次森内閣において環境総括政務次官に就任。また、党内では公明党岐阜県本部代表、文化芸術振興会議事務局長等を歴任した。

党の内規に従い、2005年の選挙には出馬せずに政界を引退した。

2012年5月1日、肺血腫のため岐阜県羽島市の病院で死去[1]。68歳没。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 元公明党衆院議員の河合正智氏死去 時事通信 2012年5月7日閲覧