メインメニューを開く

沼崎 勲(ぬまざき いさお、1916年2月18日 - 1953年8月16日)は、日本の俳優神奈川県横須賀市出身。本名同じ。東京開成中学校(現在の開成高等学校)卒業。

ぬまざき いさお
沼崎 勲
沼崎 勲
主演映画『素晴らしき日曜日』ポスター
本名 同じ
生年月日 (1916-02-18) 1916年2月18日
没年月日 (1953-08-16) 1953年8月16日(37歳没)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県横須賀市
職業 俳優
ジャンル 劇映画現代劇時代劇戦争映画トーキー
活動期間 1936年 - 1953年
配偶者 あり
著名な家族 沼崎悠(息子)
主な作品
素晴らしき日曜日
テンプレートを表示

戦後、成瀬巳喜男監督『四つの恋の物語 第二話』、黒澤明監督の『素晴らしき日曜日』で主演。映画ファンであれば誰でもその名を知る俳優となった。有名俳優となった矢先、東宝争議に巻き込まれ、東宝を退社。その後、独立プロを中心に活躍したが、1953年に藤原杉雄監督『赤い自転車』(製作=第一映画、配給=全逓信労働組合)のクランクアップ前に急逝した。俳優の沼崎悠[1]は遺児。

経歴と出演作品編集

戦争映画・戦時増産映画の時代編集

東宝争議のなかで編集

独立プロ時代編集

  • 1949年、『女の一生』公開。山本薩夫監督『こんな女が誰にした』(製作=東横映画、配給=大映)出演。
  • 1950年関川秀雄監督『軍艦すでに煙なし』(製作=新映画社、配給=東京映画配給)出演。東宝教育映画の藤原杉雄監督作品『リンゴ園物語』に出演。
  • 1951年、製作=ラジオ映画、配給=東映、今村貞雄監督『裸女海底に死す』に出演。
  • 1952年亀井文夫監督『母なれば女なれば』(製作=キヌタプロ、配給=東映)、磯貝隆監督『夜明けの弾痕』(製作=協和映画)に出演。
  • 1953年、亀井文夫監督『女ひとり大地を行く』(製作=北海道炭労=キヌタプロ、配給=北星)、家城巳代治監督『雲ながるる果てに』(製作=重宗プロ=新世紀映画、配給=松竹)、藤原杉雄監督『赤い自転車』(製作=第一映画、配給=全逓)出演。8月16日、自宅で心臓麻痺のため急逝。享年37[2]

出典編集

  1. ^ 沼崎悠の誕生年は、1955年となっているものがあるが、1953年5月25日としている日本タレント名鑑の記述による。
  2. ^ a b c 映画俳優:伊豆肇と【青い山脈】の仲間たち

外部リンク編集