沼田 次郎(ぬまた じろう、1912年8月19日 - 1994年6月29日[1])は、日本の歴史学者、日本史学者。東京大学名誉教授(史料編纂所元所長)[1]。洋学史、日蘭交渉史が専門で日蘭学会理事長も務めた。

来歴編集

熊本県熊本市出身(出生地は和歌山県[1]鹿児島県立第一鹿児島中学校 (旧制)を経て[2]1932年第五高等学校 (旧制)卒業[3]1935年東京帝国大学文学部国史学科卒業[1]東京大学史料編纂所に入り、1954年助教授、1965年教授に就任し、1971年から1973年に所長を務める[1]。1973年から1983年まで東洋大学文学部教授[1]。そのほか、1980年から1983年に日蘭学会理事長[1]勲三等旭日中綬章受章[1]

著書編集

共編著編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『20世紀日本人名事典』(日外アソシエーツ、2004年)「沼田次郎」
  2. ^ 鹿児島県立鶴丸高等学校同窓会-一鶴文庫-一中 2021年6月5日閲覧
  3. ^ 『第五高等学校一覧 自昭和七年至昭和八年』P.366