法貴 発(ほうき はつ、1846年9月29日(弘化3年8月9日[1])- 1890年明治23年)12月23日[1][2])は、明治時代の政治家官吏裁判官自由民権運動家衆議院議員(1期)。幼名は篤介、信保[1]

経歴編集

もと丹波篠山藩士だったが、のち上京し昌平黌に入り塩谷宕陰中井履軒芳野金陵などに漢籍を学んだ[3]長州征討戊辰戦争に従軍したのち開国論および佐幕主義に目覚め、各地を転々としたのち鹿児島の兵学寮に入校した[4]1871年(明治4年)の廃藩置県を機に篠山へ帰郷し、間もなく上京し大蔵省地租改正局に出仕し同職を5年間に渡り務めた[4]。この間、静岡県権中属、中属、福岡県中属、権大属、兼判事補を経て、福岡県令の推挙を受け一等属に進んだ[2]。ついで福岡県令代理、裁判予審掛を歴任したのち郷里に戻り法律や漢学を教える私塾を開いた[5]

1880年(明治13年)政治結社自治社を結成し[1]、総理を務める[5]。33歳の時に兵庫県会議員に当選。常置委員を歴任したのち[5]板垣退助らの自由党結成に参加した[1]1890年(明治23年)7月の第1回衆議院議員総選挙では兵庫県第3区から出馬し当選するが、在任中に死去した[2]

著作編集

  • 『英史教院議院沿革表論』文栄堂、1873年。
  • 『布達類編』、1878年。
  • 『官令類編 明治元年-12年3月』、1879年。
  • 『国安論』、1880年。
  • 『日本外史弁妄』、1887年。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 上田ほか 2001, 1672頁.
  2. ^ a b c 衆議院、参議院 編 1962, 440頁.
  3. ^ 木戸 1890, 194-195頁.
  4. ^ a b 木戸 1890, 195頁.
  5. ^ a b c 木戸 1890, 196頁.

参考文献編集

  • 木戸照陽 編 『日本帝国国会議員正伝』 田中宋栄堂、1890年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/778538 
  • 衆議院、参議院 編 『議会制度七十年史 第11』 大蔵省印刷局、1962年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3000139 
  • 上田正昭ほか 監修 『講談社日本人名大辞典』 講談社、2001年。ISBN 4062108496