メインメニューを開く

中井 履軒(なかい りけん、享保17年5月26日1732年6月18日) - 文化14年2月15日1817年4月1日))は江戸時代中・後期の儒学者折衷学派)である。中井甃庵の次男として生まれ、は積徳、 は処叔(しょしゅく)、通称は徳二、号は幽人。

五井蘭洲朱子学を学び、兄中井竹山(なかい・ちくざん)とともに大坂の学問所懐徳堂の全盛期を支え、懐徳堂学派で最大の学問的業績を残したと言われる。

人物編集

兄竹山と並び称せられる、江戸後期の上方を代表する学者であった。古典や経学の注釈の第一人者であっただけでなく、天文学解剖学などの西洋科学にも通じていた。西洋天文学を本格的に学んだ人物である麻田剛立を寄寓させ、彼との交流からも多くを学んだ。天文学説としては、ティコ・ブラーエ宇宙モデルを支持した。

後に懐徳堂の五代学主に名目上就くが、その経営にはあまり積極的でなく、別に私塾水哉館を創設し、そこで学究としてさらに独自の研究を行った。彼の息子に後に水哉館を継いだ中井柚園がいる。また、山片蟠桃にも大きな影響を与えた。

「履軒」という号は『周易』の語に因んだものである。『周易』「履」の九二の辞に、「履道坦坦、幽人貞吉(道を履むこと坦坦たり。幽人貞にして吉)」とあり、その象伝に「幽人貞吉、中不自亂也(幽人貞吉とは、中自から乱れざるなり)」と説いている。これは、正しい道を坦々と履んで野に隠れている人であれば、その心中が穏やかで欲によって乱されることがないから、正しくて吉であるという意味を表している。

学問編集

経学研究者として古典の注釈を行い、『論語雕題』『七経雕題』『七経雕題略』などを著わした。これらは『七経逢原』全三十三巻として集大成される。また『中庸逢原』においては『中庸』にとりわけ高い評価を与えた。

一方で上述の通り、麻田剛立との関わりや、宣教師によってもたらされた西洋天文学の概略を学んだ明末期~清初期の人物である游芸の『天教或問』を通じて、ヨーロッパの学問にも目を開かれた。同書を解説した『天教或問雕題』を著わし、天体図も作成した。さらには反古紙を使って中国の昔の文人の衣装「深衣」を復元作製し、『深衣図解』を著すなどした。

彼の書物の題名に頻出する「雕題」とは、先行する優れた書物の欄外に注釈を記すことを意味しており、のちにそれらの注釈を集めて独自の思想に大成したが、それが彼の学問の基本的な方法論であった。

また、自らを架空の理想国家「華胥国(かしょこく)」のに擬し、国家の統治のあり方を論じた『華胥国物語』などの著作もある。さらに天文学以外の自然科学方面では、博物図譜『左九羅(さくら)帖』や、解剖図『越俎弄筆』、顕微鏡観察記録『顕微鏡記』も残している。懐徳堂文人の特色とされる合理的・近代的な学風は、主にこの履軒によって確立されたといってよい。

著述編集

  • 『華胥国物語』
  • 『四茅議』(恤刑茅議・均田茅議・攘斥茅議・浚河茅議)
  • 『通語』
  • 『有間星』
  • 『遺草合巻』
  • 『越俎弄筆』
  • 『華胥国新暦』
  • 『顕微鏡記』
  • 『史記雕題』
  • 『中庸錯簡説』
  • 『中庸懐徳堂定本』
  • 『中庸断』
  • 『中庸雕題』
  • 『中庸雕題略』
  • 『中庸天楽楼定本』
  • 『中庸逢原』
  • 『詩雕題』
  • 『毛詩雕題附言』
  • 『論語雕題』
  • 『論語雕題略』
  • 『論語逢原』
  • 『荘子雕題』
  • 『孟子雕題』
  • 『孟子雕題略』

参考文献編集

関連項目編集