メインメニューを開く

波形 純理(なみがた じゅんり、1982年7月5日 - )は、埼玉県越谷市出身の女子プロテニス選手。伊予銀行所属。早稲田大学卒業。

波形純理
Junri Namigata
Tennis pictogram.svg
Junri Namigata 1, 2015 Wimbledon Qualifying - Diliff.jpg
波形純理
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 同・埼玉県越谷市
生年月日 (1982-07-05) 1982年7月5日(37歳)
身長 171cm
体重 58kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2000年
ツアー通算 0勝
シングルス 0勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 591,433 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 1回戦(2011)
全仏 1回戦(2011)
4大大会最高成績・ダブルス
全英 1回戦(2008)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 105位(2011年2月28日)
ダブルス 101位(2015年5月25日)
2017年10月15日現在

経歴編集

6歳からテニスを始める。堀越高校では1年で全日本テニス選手権ベスト16、3年で全日本ジュニア選手権優勝を果たす。早稲田大学でもインカレで優勝。

卒業後にプロ転向。

全日本選手権では2006年ダブルス、2007年混合ダブルスで優勝。2007年シングルスで準優勝。2012年ダブルスで優勝している。

2011年に初めてフェドカップの日本代表選手に選ばれた。タイで開催されたアジア・オセアニアグループのラウンドロビンに出場し5戦全勝の成績を挙げワールドグループIIプレーオフの進出に貢献した。

4大大会では2011年の全豪オープンでシングルス初出場。1回戦でレベッカ・マリーノ(カナダ)に 2-6, 6-4, 3-6 で敗れ初戦突破はならなかった。全仏オープンでも1回戦でアレクサンドラ・ウォズニアク(カナダ)に 1-6, 1-6 で敗れた。

WTAツアー決勝進出結果編集

ダブルス: 1回 (0勝1敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2007年10月14日   バンコク ハード   森田あゆみ   孫甜甜
  晏紫
棄権

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 通算成績
全豪オープン A LQ LQ A LQ 1R A LQ A LQ 0–1
全仏オープン A LQ LQ A LQ 1R A A A LQ 0–1
ウィンブルドン A LQ LQ A LQ LQ LQ A A LQ
全米オープン LQ LQ LQ LQ LQ LQ LQ LQ A LQ

外部リンク編集