津谷喜一郎

津谷喜一郎(つたに きいちろう、1950年 - )は、日本の医学博士であり、2014年現在で、東京大学大学院薬学系研究科・医薬政策学の客員教授である。彼は、根拠に基づく医療(EBM)を中心とした医療技術評価の研究と普及に努め、それに関するイギリスの機関であるコクラン共同計画の紹介や、伝統医療の評価、医薬品の適応外使用に関する研究など、つまり医療技術の選択を意思決定するための、科学的根拠の扱い方を専門としている。

経歴編集

  • 1972年、東京工業大学工学部経営工学科を卒業。
  • 1979年、東京医科歯科大学医学部を卒業。
  • 1983年、東京医科歯科大学大学院にて臨床薬理学を学び、医学博士となる。
  • 1984年、WHO西太平洋地域事務局の伝統医学担当医官。
  • 1990年、ハーバード大学公衆衛生大学院・武見国際保健プログラムの研究員。
  • 1992年、東京医科歯科大学・難治疾患研究所にて、情報医学研究部門の助教授。
  • 2001年、東京大学大学院、薬学系研究科、医薬経済学の客員教授となる。
  • 2008年、同・医薬政策学の特任教授となる。
  • 2015年、東京有明医療大学 保健医療学部の特任教授、東京大学大学院薬学系研究科 客員教授となる。

国際東洋医学会理事なども務める。

著書編集

  • 『日本で承認されていない薬を安全に使う―コンパッショネート使用制度』 日本評論社、2011年ISBN 978-4-535-98350-2
  • 津谷喜一郎・監訳 『鍼のエビデンス』 医道の日本社、2009年、増補改訂版。ISBN 978-4-7529-1122-7
  • 津谷喜一郎、アリエル・ベレスニアク・編集 『薬剤経済学の活用―医薬品の経済的エビデンスをつくる・つかう』 エルゼビア・ジャパン、2008年ISBN 978-4-86034-564-8
  • 中山健夫、津谷喜一郎・編著 『臨床研究と疫学研究のための国際ルール集』 ライフサイエンス出版、2008年ISBN 978-4-89775-251-8
  • 津谷喜一郎、内田英二・編著 『くすりをつかうエビデンスをつかう』 中山書店、2007年ISBN 978-4-521-67811-5
  • 津谷喜一郎、渡邉裕司・編著 『ケーススタディから学ぶ医療政策』 ライフサイエンス出版、2007年ISBN 978-4-89775-234-1
  • 津谷喜一郎・編集 『くすりギャップ―世界の医薬品問題の解決を目指して』 ライフサイエンス出版、2006年ISBN 4-89775-221-3
  • 杉山雄一、津谷喜一郎・編集 『臨床薬理に基づく医薬品開発戦略』 廣川書店、2006年ISBN 4-567-39760-6
  • J.A.Muir Gray 『エビデンスに基づくヘルスケア―ヘルスポリシーとマネージメントの意思決定をどう行うか』 津谷喜一郎、高原亮治・監訳訳、エルゼビア・ジャパン、2005年ISBN 4-86034-821-4Evidence-based healthcare, 2nd ed, 2001.
  • 津谷喜一郎、内田英二・編著 『くすりとエビデンス―「つくる」+「つたえる」』 中山書店、2005年ISBN 4-521-65051-1
  • Council for International Organizations of Medical Sciences編 『ファーマコジェネティクス―薬物治療の改善を目指して』 津谷喜一郎監訳訳、テクノミック、2005年ISBN 4-86026-059-7Pharrnacogenetics : Towards improving treatmcnt with medicines, 2005.
  • 津谷喜一郎 『医薬品の適応外使用―20世紀末のエビデンス―Off-label use of drug』 ライフサイエンス出版、2004年ISBN 4-89775-188-8
  • アレハンドロ・ハダット 『ランダム化比較試験―100のquestionsに学ぶ』 舟喜光一、津谷喜一郎・訳訳、じほう、2004年ISBN 4-8407-3303-1Randomised controlled trials.
  • 内山充・監修、津谷喜一郎・編集 『レギュラトリーサイエンスの発展―官・学・産のフォーラムを目指して』 エルゼビアジャパン、2004年ISBN 4-86034-541-X
  • 津谷喜一郎・監訳 『鍼のエビデンス』 医道の日本社、2003年ISBN 4-7529-1101-9
  • 清水直容、津谷喜一郎・編集 『一般用医薬品と伝統薬の臨床評価』 デジタルプレス、2001年ISBN 4-925066-04-8
  • 中嶋宏・監修、津谷喜一郎、山崎茂明、坂巻弘之・編集 『EBMのための情報戦略―エビデンスをつくる、つたえる、つかう』 中外医学社、2000年ISBN 4-498-00968-1
  • イアイン・チャーマーズ、ダグラス・G.アルトマン 『システマティック・レビュー―エビデンスをまとめてつたえる』 津谷喜一郎、浜六郎、別府宏圀・監訳訳、サイエンティスト社、2000年ISBN 4-914903-62-8Systematic Reviews, 1995, BMJ
  • 津谷喜一郎・編 『医薬品適応外使用のエビデンス―Evidence of Off-Label Use of Drug』 デジタルプレス、1999年ISBN 4-925066-01-3
  • T.P.G.M.ドゥ ヴィリース 『P-drugマニュアル―WHOのすすめる医薬品適正使用』 津谷喜一郎、別府宏圀、佐久間昭・翻訳訳、医学書院、1998年ISBN 4-260-10528-0Guide to good prescribing, WHO, 1995. [1]
  • 別府宏圀、津谷喜一郎・共編 『コクラン共同計画資料集 Version 2.0, September 1997』 医薬品・治療研究会、サイエンティスト社、1997年ISBN 4-914903-37-7
  • John C.Bailar Ⅲ, Frederick Mosteller編 『医学統計学の活用―New England Journal of Medicineのエッセンス』 津谷喜一郎、折笠秀樹・監訳訳、サイエンティスト社、1995年ISBN 4-914903-11-3Medical uses of statistics.
  • WHO、R.バンナーマン+J.バートン+陳文傑 『世界伝統医学大全』 津谷喜一郎・訳訳、平凡社、1995年ISBN 4-582-51311-5Traditional Medicine and Health Care Coverage.

外部リンク編集