メインメニューを開く

津野田是重

津野田 是重(つのだ これしげ、1873年明治6年)11月25日 - 1930年昭和5年)9月2日)は、大日本帝国陸軍軍人政治家熊本県出身。最終階級は陸軍少将衆議院議員

津野田 是重
Tsunoda Koreshige.jpg
生誕 1873年11月25日
大日本帝国の旗 大日本帝国 熊本県
死没 1930年9月2日
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1895年-1919年
最終階級 陸軍少将
除隊後 衆議院議員
テンプレートを表示

目次

経歴編集

熊本藩士、陸軍大尉・津野田是秋の長男として生まれる。中学済々黌陸軍幼年学校を経て、1895年(明治28年)2月、陸軍士官学校(第6期)を卒業。同年5月、陸軍歩兵少尉任官、近衛歩兵第1連隊付となる。1900年(明治33年)12月、陸軍大学校(14期)を優等で卒業。

1901年(明治34年)6月、参謀本部出仕となり、参謀本部部員、フランス駐在、参謀本部付を経て、1904年(明治37年)5月、第3軍参謀に発令され日露戦争に出征。旅順攻囲戦から奉天会戦まで戦った。1905年(明治38年)5月、陸軍歩兵少佐に進級。

1906年(明治39年)2月、フランス駐在となり、参謀本部付(フランス出張)、陸大教官近衛歩兵第3連隊大隊長を歴任し、1911年(明治44年)1月、陸軍歩兵中佐に進級。1913年大正2年)1月、奈良連隊区司令官に補され、1915年(大正4年)4月、陸軍歩兵大佐に進級。同年8月、歩兵第11連隊長に転じた。1919年(大正8年)4月、陸軍少将に進級すると同時に待命、同年8月、予備役に編入される。

予備役編入後、衆議院議員政友会から立候補し当選、1920年(大正9年)から1924年(大正13年)まで勤めている。

親族編集

著書編集

  • 『戦後の欧米 - 踏破十有七国』博文館、1920年。
  • 『斜陽と鉄血』偕行社1926年
  • 『軍服の聖者』信毎出版部、1927年。

関連項目編集

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。


先代:
白川健次郎
歩兵第11連隊長
第15代:1915年8月10日 - 1919年4月1日
次代:
本庄繁