浄弁

?-1356?, 鎌倉時代の天台宗の僧、歌人。和歌四天王の一人。家集『浄弁並慶運歌集』。勅撰集『続千載和歌集』以下に21首入集

浄弁(じょうべん、生年不詳 - 延文元年/正平11年(1356年)頃?)は、鎌倉時代天台宗歌人。出自については不詳。尊円法親王の庇護を受け青蓮院別当となった。和歌四天王の一人慶運の父で、浄弁も和歌四天王の一人に数えられる。

古今集」証本の書写をはじめ、子の慶運や九州赤橋英時大友貞宗らに家説を伝授相伝するなど、二条流歌学の保持に尽くした。

勅撰和歌集の「続千載和歌集」以下にも入集。家集は「浄弁並慶運歌集」がある。