メインメニューを開く

浅沼 清太郎(あさぬま せいたろう、1920年大正9年)12月2日[1] - 2011年平成23年)11月30日[2])は、日本の内務警察官僚。元警察庁長官神奈川県出身[1]

来歴編集

東京帝国大学卒業後、内務省に入省。首相秘書官大阪府警本部長、警察庁警務局長、次長を経て、1974年(昭和49年)警察庁長官に就任。

1978年(昭和53年)に退官し、1979年(昭和54年)から1987年(昭和62年)まで阪神高速道路公団理事長。その他に日本交通管理技術協会会長、都市交通問題調査会理事長、関西空港調査会理事長、民主主義研究会会長等を務めた。

人物評編集

警察庁長官時代の部下である佐々淳行からの評価は芳しく無く、「重大事件が起きるとすぐ入院してしまう」「入院手術が近いのを言わずに長官就任を受諾、就任早々に入院しているときに大事件が発生し町村金五国家公安委員長が『昔の内務省の常識でいうとそういうときは就任を辞退すべきだった』と批判していた」など厳しく批判しており[3]、警備局長時代の浅沼についても、ストレス解消のためのブラック・ジョークにも小言を挟んでくる浅沼に辟易した局員らが「お茶に睡眠剤を入れてのませ、眠って頂いた」としている[4]

略歴編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 浅沼清太郎 とは 【事典・辞書サイトkotobank】
  2. ^ 大阪府警友会 会員の訃報
  3. ^ 佐々淳行 (2011). 菊の御紋章と火炎ビン ―「ひめゆりの塔」「伊勢神宮」で襲われた今上天皇. 文春文庫. 
  4. ^ 佐々淳行 (2013). 日本赤軍とのわが「七年戦争」 ザ・ハイジャック. 文藝春秋. 
  5. ^ a b 都市交通問題調査会HP(Internet Archive)
  6. ^ 「官報」 平成24年1月5日号